血圧低下

古くから使われていたハーブ・ノコギリヤシ

男性ホルモンに作用すると言われているハーブとして注目されているのがノコギリヤシです。
日本ではハーブを使う習慣があまりないことから耳慣れない植物ですが、海外では昔からその実が食べられていたこともあって、なじみの古い植物です。

ノコギリヤシは海外では昔から様々な用途で使われてきた植物です。
日本でヤシというと高木のイメージがありますが、ノコギリヤシは1メートルほどの低木です。
北アメリカ南東部が原産地で、現在は北アメリカには自生しています。
ノコギリヤシの効用は昔から知られていて、世界各地で様々な用途で使用されてきました。
北アメリカ大陸では食用となり、アメリカ先住民たちは強壮剤として、中国でも漢方薬として使われてきました。
またハーブが盛んなヨーロッパでも、昔から研究されて医薬品として使用されているという、古い歴史のある植物なのです。

そんなノコギリヤシが日本でも注目されるようになったのはその効用です。
ノコギリヤシには、バランスが崩れて異常となった男性ホルモンを正常な状態に戻す効果が期待できるのです。

男性ホルモンのバランスが崩れると、前立腺肥大症といった病気になる可能性が高くなります。
また毛髪は男性ホルモンのバランスが影響していることから、男性ホルモンのバランスが崩れると、抜け毛や薄毛といった症状が発生してしまうことがあるのです。

最近では女性の更年期障害だけでなく、男性の更年期障害も問題になっており、中には重い症状に苦しんでいる人も少なくありません。
男性ホルモンのバランスが崩れることは、この更年期障害を発症させることにもなるのです。

男性も年齢を重ねるにつれて、どうしても男性ホルモンのバランスが崩れてきてしまいます。
しかしノコギリヤシを使用することによって、バランスが崩れてしまった男性ホルモンを正常な状態に戻すことが期待できるほか、男性ホルモンのバランスが崩れたことによっておこる様々な症状の予防を行うこともできるのです。

こちら↓は前立腺肥大症の方に人気のサプリランキングです。