メインイメージ

ノコギリヤシと5αリダクターゼの関係性とは?

5αリクターゼ抑制による育毛効果の要約をみる

5αリダクターゼとは?

5αリダクターゼは人の体に備わっている酵素の一つです。
男性ホルモンのテストステロンの働きを助けることで、精子の生成、性欲の促進、筋肉や骨格の成長などを促しますので、男性にとって大切な酵素です。

しかし、その一方で、5αリダクターゼは毛乳頭に入ったテストステロンと結合すると、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛因子に変化します。
DHTは男性ホルモン受容体に作用すると、ヘアサイクルを乱します。

ヘアサイクルが乱れると、毛髪の成長が滞ったり、毛髪が十分に育つ前に抜け落ちてしまったりと、薄毛や抜け毛を引き起こします。
AGA(男性型脱毛症)の発症メカニズムもこれに当てはまります。
つまり、5αリダクターゼは、男性ホルモンの働きを助ける良い働きがある一方で、薄毛や抜け毛を招く悪い働きも持っているのです。

ノコギリヤシと5αリクターゼの関係性

ノコギリヤシにはβ-シトステロールという植物ステロールが含まれています。
植物ステロールとは、野菜や果物、豆類、海藻、ハーブなどの植物に含まれる、色素や香りなどから発見された化学物質のことです。

β-シトステロールには5αリダクターゼを抑制する働きがあります。
上記でも述べたように、ヘアサイクルを乱して薄毛や抜け毛を引き起こす原因は、5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合し、DHTが生成されることにあります。

薄毛や抜け毛を予防するためには、5αリダクターゼを抑制することが大切なので、ノコギリヤシでβ-シトステロールを摂ることは薄毛・抜け毛の予防に繋がるのです。

ノコギリヤシは薄毛や抜け毛が気になる方におすすめ

薄毛や抜け毛などAGAの治療に「プロペシア」という薬が用いられています。
プロペシアはフィナステリドを有効成分とした内服薬で、抜け毛因子であるDHTの生成を抑制する効果があります。
しかし、副作用には性欲減退や勃起不全などの性機能障害があります。

ノコギリヤシは薬ではありませんので、プロペシアのような即効性はありませんが、プロペシアのような副作用の心配もありません。
薄毛や抜け毛はどうにかしたいけど、治療薬の副作用が怖くて薄毛治療を躊躇っている方は、ノコギリヤシから始めてみてはいかがでしょうか?

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。