メインイメージ

ノコギリヤシで気になる体臭を改善!

男性ホルモンと体臭の関係

体臭の一因は皮脂の酸化

詳しくみる

体臭の一因に皮脂が酸化することがあります。
例えば、汗や角質などによって毛穴が詰まると、皮脂は皮脂腺の中で酸化します。
皮脂が酸化すると、ニオイの原因となる「過酸化皮質」が作られます。
そして過酸化皮質によってますます皮脂が酸化しやすくなり、ニオイが悪化していくのです。

皮脂が酸化する原因は皮脂の過剰分泌にあります。
皮脂の過剰分泌は生活習慣やストレスなども影響していますが、男性ホルモンの分泌もその一因です。
男性ホルモンには皮脂線を活性化して皮脂分泌を促す働きがあります。
ですから、男性ホルモンの分泌が多い男性は女性よりも汗や皮脂の分泌が多く、ニオイやすいのです。

閉経前後の女性も体臭に注意

詳しくみる

しかし男性ホルモンは僅かながら女性にも分泌されています。
とくに、女性は閉経前後になると女性ホルモンの分泌が急激に減少し、相対的に男性ホルモンの影響が大きくなります。
女性ホルモンには皮脂分泌を抑える働きがありますので、閉経前後の女性は皮脂分泌が過剰になりやすいのです。
皮脂分泌が過剰になると毛穴は詰まりやすくなりますので、皮脂も酸化しやすくなり、体臭がキツくなります。

体臭改善にノコギリヤシが良い

そこでおすすめなのがノコギリヤシです。
ノコギリヤシはヤシ科のハーブで、AGA(男性型脱毛症)予防、生活習慣病の予防・改善、前立腺肥大症の抑制など様々な効果が期待されているのですが、体臭の抑制にも効果的です。

ノコギリヤシに含まれるβシトステロールとは

ノコギリヤシが体臭改善に良い理由は、ノコギリヤシに含まれる「β-シトステロール」という成分にあります。
β-シトステロールは、野菜や果物などの植物に含まれる色素や香りから発見された化学物質のことで、ファイトケミカルとも呼ばれています。
β-シトステロールは体内に存在する還元酵素「5aリダクターゼ」を抑制する働きがあります。

ジヒドロテストステロンが皮脂分泌を活発にする

5aリダクターゼは男性ホルモンのテストステロンと結合すると、テストステロンよりも強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を生成します。
ジヒドロテストステロンはテストステロンの10倍以上も強い活性を持つともいわれており、AGAや前立腺肥大にも悪影響を及ぼしています。
そして、男性ホルモンには皮脂腺を活性化する働きがありますので、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが増えると皮脂分泌も活発になります。

βシトステロールはジヒドロテストステロンの生成を防ぐ

ノコギリヤシに含まれるβ-シトステロールは、5aリダクターゼを抑制することで、テストステロンとの結合を阻止し、ジヒドロテストステロンの生成を防ぎます。
ジヒドロテストステロンの生成を予防することで、皮脂分泌を抑え、毛穴の詰まりを防ぎます。
この働きにより、体臭を予防・改善を促すのです。

誰でもできる体臭対策!

ノコギリヤシを摂り、過剰な皮脂分泌を防ぐことで体臭の発生を抑えるだけでなく、普段の生活の中で体臭を溜めない、発生させない習慣を作ることも大切です。
そこで今回は、誰にでもできる体臭対策をご紹介します。

軽いストレッチで新陳代謝を活発にする

詳しくみる

軽いストレッチでも、筋肉を伸ばしたりほぐしたりするだけで新陳代謝が活発になります。
新陳代謝が活発になると汗や皮脂がたくさん分泌されて体臭が悪化するのでは?
と不安になる方も少なからずいるでしょう。
しかし、新陳代謝を活発にすることは体臭予防には非常に大切なことです。
新陳代謝が活発になると、ニオイ成分となる老廃物や毒素の排出がスムーズになり、内臓の調子も整います。
良い汗はほぼ無臭で、粒が小さくサラッとしてすぐに乾きますので、良い汗はたくさん出すようにしましょう。

季節問わずお風呂に浸かる

詳しくみる

夏になるとお風呂よりもシャワーで済ましてしまう方も多くなります。
体臭対策でデトックス効果を高めるためには、10分でも良いのでお風呂に浸かることが大切です。
ちなみに、シャワーを10分浴び続けても体は芯から温まりませんが、お風呂は10分浸かるだけでも体の芯から温まります。
体が芯から温まるとその後の入眠もスムーズにしてくれますので、心身の疲労も回復されます。
心身の疲労も体臭を悪化させる一因ですので、夜は季節問わずお風呂に浸かる習慣にしましょう。

悪玉菌を増やす食べ物は控える

詳しくみる

食事の内容は体臭を左右する大きな要因です。
消化効率の悪いものを食べると食べた物が胃や腸に留まる時間が長くなりますので、腸内で悪玉菌が増えやすくなります。
悪玉菌が増えると腸内環境が悪化して、体臭がキツくなります。
例えば、動物性のタンパク質である肉類や乳製品は消化吸収に時間がかかり、悪玉菌を発生しやすくなりますので、体臭が気になる方は控えた方が良いでしょう。
また、体内でアセトアルデヒドという毒素を生成するアルコール類や、内臓に負担をかけるカフェインが多く含まれるコーヒーや緑茶なども控えた方が良いでしょう。

善玉菌を増やす食べ物を摂る

詳しくみる

善玉菌を増やす食べ物を積極的に摂ると腸内環境が整いやすくなり、体臭改善に効果的です。
例えば、食物繊維が豊富な大豆製品、イモ類、海藻類や、オリゴ糖が豊富なバナナ、大豆製品、はちみつ、乳酸菌が豊富な発酵食品などがおすすめです。
また、調理の際もトランス脂肪酸が多く含まれるサラダ油ではなく、皮脂を詰まらせる過酸化脂質が作られにくいオリーブオイルなどの使用がおすすめです。
ほかにも、ピーマンやトマト、アーモンド、かぼちゃ、レモン、いちごなどは過酸化脂質の原因となる活性酸素を除去する抗酸化力を持っていますので、積極的に摂るようにしましょう。

睡眠中の汚れを朝のシャワーで落とす

詳しくみる

冒頭でも述べたように汗や皮脂自体にはにおいはありません。
しかし、汗や皮脂が酸化するとにおいを発するようになります。
汗や皮脂を酸化させないためには、汗や皮脂をこまめに拭いて、身体を清潔に保つことが大切です。
汗や皮脂分泌の多い方は朝シャワーを浴びることもおすすめです。
朝の体は、寝ている間に分泌された汗と皮脂で汚れています。
汗や皮脂が少ない方ならともかく、汗や皮脂分泌が多い方がそのまま放置してしまうと、雑菌が繁殖して体臭を悪化させます。
朝シャワーを浴びて眠っている間の汗や皮脂汚れを落とすだけでも1日のにおいが変わります。
ただし、皮膚をごしごし洗いすぎると必要な皮脂までも失われ、皮膚は失われた分を補おうと過剰に皮脂を分泌し、かえって皮脂分泌が活発になる恐れがあります。
朝はシャワーでサッと流す程度にして、身体は夜に優しく洗いましょう。

ノコギリヤシ+体臭対策でにおわない体を!

ノコギリヤシは皮脂分泌を抑えることで、体臭の悪化を防ぎます。
体臭が気になる方は、ノコギリヤシを摂るとともに、皮脂分泌を過剰にする生活習慣を見直すことも必要です。
体臭は生活習慣だけでなく、年齢とともに変化していきますので、「臭い!」と思われる前に、におい対策を徹底しましょう!

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。