メインイメージ

ノコギリヤシで豊胸効果UP

バストアップの仕組み

女性の乳房は10%が乳腺組織、残りの90%が脂肪組織で構成されています。
乳房の割合だけ見ると、バストアップに必要なことは脂肪をつけることだと思われがちですが、そうではありません。
バストアップのために必要なことは乳房を構成している10%の乳腺組織に刺激を与え、発達を促すことにあります。
そのために必要なものが女性ホルモンなのです。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる2種類のホルモンが存在します。
エストロゲンは肌や髪に潤いを与えたり、骨密度を維持したりする働きを持ち、プロゲステロンは基礎体温を高めて妊娠しやすい体をつくったり、妊娠を継続したりする働きを持っています。

女性ホルモンとバストアップの関係

エストロゲンは乳腺に刺激を与える働きもあります。
上記でも述べたようにバストアップのためには乳腺に刺激を与えることが重要です。
エストロゲンによって乳腺に刺激が与えられると、乳腺が発達し、乳房の脂肪組織が増えて、バストアップします。
一方のプロゲステロンは乳房にハリや弾力をもたらす働きがあります。
つまり、バストアップのためにはエストロゲンが、ハリのあるバストの維持にはプロゲステロンが必要なのです。

ノコギリヤシがバストアップに良い理由

AGA(男性型脱毛症)の予防や前立腺肥大症の抑制などに効果が期待されているノコギリヤシですが、実はバストアップにも効果的な働きを持っています。
そこで今回は、ノコギリヤシがバストアップに効果的な理由を3つご紹介します。

エストロゲンの働きを補う

上記でも述べたように、バストアップのためにはエストロゲンによって乳腺に刺激を与え、乳腺を発達させることが重要です。
しかし、エストロゲンの働きは年齢とともに低下していきますので、乳腺が発達しづらくなっていきます。
ノコギリヤシに含まれるβ-シトステロールは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持っています。
β-シトステロールでエストロゲンの働きを補うことで、乳腺の発達をサポートし、バストアップを導きます。

男性ホルモンの分泌を抑制

女性ホルモンのバランスが乱れると、乳腺の発達が妨げられ、バストアップが望めなくなります。
女性ホルモンのバランスが乱れる一因に男性ホルモンの分泌の増加にあります。
男性の大部分を占める男性ホルモンは僅かではありますが女性にも分泌されており、ストレスや生活習慣の乱れ、身体の冷えなどによって分泌が高まります。

ノコギリヤシに含まれるβシトステロールは体内に存在する5aリダクターゼという酵素を抑制する働きがあります。
5aリダクターゼは女性の体内にも存在する男性ホルモンのテストステロンと結びつくことで、テストステロンの10倍以上もの活性を持つ男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を作ります。
βシトステロールは5aリダクターゼを抑制し、テストステロンとの結合を阻止することで、女性ホルモンのバランスを乱す強力な男性ホルモンの生成を抑制します。
これにより、乳腺の発達をサポートします。

血液循環を促進

女性ホルモンと同じくらいバストアップに大切なことが血液循環です。
というのも、バストアップのためにはタンパク質や脂肪などの栄養も必要です。
食事から摂った栄養を全身に運ぶのは血液です。
ですから、血液循環が悪いとせっかく摂った栄養も十分に乳房に届きません。
また、卵巣周辺の血流が悪くなると卵巣機能が低下し、エストロゲンの分泌も低下しやすくなります。

ノコギリヤシには、増え過ぎると血液をどろどろにする悪玉コレステロールを減らすβ-シトステロールや、血管を詰まらせる過酸化脂質の生成を抑えるオレイン酸など、血液をサラサラにする栄養成分が含まれています。
血液がサラサラになると血液循環も良くなりますので、バストアップに必要な栄養がしっかりと全身に運ばれます。

バストアップにおすすめな食べ物

バストアップのためには補助食品でノコギリヤシを摂るだけでなく、普段の食事からバストアップに効果的なものを積極的に摂ることが大切です。
ではバストアップにおすすめな食べ物を4つご紹介します。

(1)キャベツ

キャベツにはミネラルの一種であるボロンが豊富に含まれています。
ボロンには乳腺を発達させてバストアップを促すエストロゲンの血中濃度を高める作用があります。
ブロッコリー、りんご、もも、昆布など、様々な食べ物にボロンは含まれているのですが、熱に弱い特徴があり、加熱調理すると効果が半減するため、生で食べられてかつ低カロリー、低糖質のキャベツでの摂取がおすすめです。

(2)豆腐

豆腐の原料である大豆には「イソフラボン」が豊富に含まれています。
イソフラボンはノコギリヤシと同じく植物性エストロゲンの一種ですので、エストロゲンの働きを補うためには積極的に摂る必要があります。
大豆製品には、豆腐以外にも納豆、豆乳などがありますが、納豆1パックのイソフラボン含有量は約35mgであるのに対し、豆腐は1丁で約80mgのイソフラボンが摂れますので、イソフラボンを大豆製品から摂る場合は豆腐での摂取がおすすめです。

(3)鶏肉

タンパク質には女性ホルモンの分泌を活発にする働きがあります。
鶏肉は低カロリーで高タンパクですので、ホルモン分泌のサポートに効果的です。
また、タンパク質はバストの土台となる大胸筋を維持・増強するためにも欠かせません。

(4)アボカド

アボカドにはタンパク質を始めとした、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンEなどがバランスよく含まれています バランスの良い栄養はホルモンバランスを整えるためにも大切ですし、女性ホルモンの分泌もサポートします。
また、ビタミンCはバストのハリを維持するために必要なコラーゲンの生成を促し、ビタミンEは血管を拡張し、血液を促すことでバストアップをサポートします。

ノコギリヤシで豊かなバストを目指す!

ノコギリヤシにはバストアップに必要な働きがいくつもありますので、薄毛や抜け毛に悩まされている男性だけでなく、小さな胸やハリのない胸に悩まされている女性にもおすすめです。
毎日の食事でバストアップに必要な栄養を積極的に摂るだけでなく、ノコギリヤシを摂ってバストアップ効果を強化しましょう!

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。