メインイメージ

ノコギリヤシでカラダのむくみを解消しよう!

むくみが起きる仕組み

むくみとは体に余分な水分が蓄積した状態のことです。
通常、体内の水分(血液やリンパ液など)は、酸素や栄養を届けたり、また不要な老廃物を回収したりするために全身を巡っています。
しかし、何らかの原因によって滞りが生じると、体内を巡っていた水分が細胞外にまで流れてしまい、むくみが生じてしまうのです。

【むくみの原因】
心臓や腎臓などに疾患がある場合を除き、むくみが起きる原因は主に3つあります。
それが以下の3つです。

(1)飲みすぎ

アルコールには利尿作用がありますので、お酒をたくさん飲むと体内の水分がどんどん排出されます。
すると、身体は失われた水分を補うために、必要以上に水分を溜め込もうとします。
その結果、溜め込んだ水分を腎臓が上手く尿として処理しきれなくなり、細胞に水分が溜まって、むくみが生じてしまうのです。

(2)塩分過多

体内のナトリウムとカリウムの濃度は常に一定のバランスに保たれています。
しかし、塩分を多く摂り過ぎるとナトリウムとカリウムのバランスが崩れます。
体は体内の塩分濃度を下げるためにたくさんの水分を溜め込もうとします。
その結果、むくみが生じてしまうのです。

(3)血行不良

体内の水分は血管やリンパ管などによって全身を巡っています。
しかし、身体が冷えたり、筋肉が硬くなったりすると、血液の巡りが悪くなります。
すると、体内水分の循環も低下して、水分が細胞の間に溜まり、むくみが生じてしますのです。

ノコギリヤシはむくみの解消に効果的!

ノコギリヤシにはむくみを予防・解消へと促す働きがあります。
では、ノコギリヤシはどのようにしてむくみを解消へと導くのでしょうか?

血行不良を予防・改善

血行不良は体内の水分の巡りも悪くしてむくみを引き起こします。
むくみを予防・解消するためには、体内の水分の一つである血液循環を正常に保つことが重要です。
ノコギリヤシには、増え過ぎると血液をどろどろにする悪玉コレステロールを減らすβ-シトステロールや血管を詰まらせる過酸化脂質の生成を抑えるオレイン酸など、血液をサラサラにする成分が含まれています。
血液がサラサラになると、血液循環が良くなりますので、むくみを予防・解消します。

睡眠の質を高める

むくみに悩まされていない方でも、人間の構造上、誰しもむくみやすい場所が重力の影響を受ける下半身です。
ですから、重力から解放される睡眠時間をいかに快適に過ごせるかが、むくみにくい身体をつくる上で大切なことです。
睡眠中は身体が重力から解放されるだけでなく、疲労回復効果が高い時間ですので、質の良い睡眠をとることがむくみの予防・解消にも繋がります。

質の良い睡眠をとるためには心身をリラックスさせることが重要です。
ノコギリヤシに含まれるオクタコサノールは、ストレスへの対抗性が認められていますのでストレスの蓄積を防ぎ、ストレスを和らげます。
ストレスが蓄積するとストレスホルモンが下垂体門脈に放出され、睡眠抑制作用を持つ副腎皮質刺激ホルモンが分泌されてしまいます。
ストレスが和らぐと、ストレスホルモンの分泌も収まりますので、ノコギリヤシを摂ることで安眠をサポートします。
心身の回復を促すことでむくみを予防・解消します。

便秘を予防・解消

便秘もむくみを引き起こす要因の一つです。
というのも、便秘になると長時間腸の中に便が留まります。すると、腸壁から便の老廃物が吸収されてしまい、血液の流れが悪くなります。
血液の流れが悪くなると水分の巡りも悪くなりますので、余分な水分が溜まりやすくなり、身体がむくんでしまうのです。

ノコギリヤシに含まれるオレイン酸は悪玉コレステロールを減らす不飽和脂肪酸です。
悪玉コレステロールが減ると血液がサラサラになりますので、老廃物の排出も促されます。
また、オレイン酸は、全て小腸で消化・吸収されることなく大腸に運ばれますので、腸管を刺激してぜん動運を促し、排便を促進します。
便秘が解消されると血液の流れも良くなりますので、むくみの予防・解消に繋がります。

女性ホルモンのバランスを整える

女性ホルモンのバランスが乱れると、同じ脳の視床下部でコントロールされている自律神経のバランスも乱れやすくなります。
自律神経は血管の収縮・拡張をコントロールしたり、内臓機能を正常に保ったりする働きもありますので、自律神経のバランスが乱れると、血行不良になったり、便秘になったりして体がむくみやすくなります。

ノコギリヤシに含まれるβ-シトステロールは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つ植物性エストロゲンです。
ノコギリヤシを摂ってエストロゲンの働きを補うことで乱れたホルモンバランスを整えるように導きます。
ホルモンバランスが整うと自律神経の乱れも整いやすくなりますので、むくみの予防・解消に繋がります。

簡単むくみ対策

むくみは、体質だけでなく日頃の生活習慣によって生じやすくなりますので、ノコギリヤシを摂るだけでなく、むくみが起きないように生活を少し工夫することも大切です。
では、今日からできるむくみ対策をご紹介します。

(1)下半身の筋肉を使う

上記でも述べたように、人間の構造上、重力の影響により下半身に水分が停滞しやすくなります。そんな下半身の血液やリンパ液などの水分を上半身に押し上げているのが、下半身の筋肉です。
ですから、座りっぱなし、立ちっぱなしなどで下半身の筋肉を動かさないでいると、むくみやすくなります。
また、日常的に下半身の筋肉を使わないと、筋肉自体が衰え、下半身に巡ってきた水分を押し上げる力自体が弱くなってしまいます。
むくみやすい方やむくみが気になる方は、足を動かしたり、こまめに歩いたりして日頃から積極的に下半身の筋肉を使うようにしましょう。

(2)体を温める

身体がむくんでいると感じているときに効果的な解消方法が体を温めることです。
体を温めると血管が拡張して全身の血流が良くなり、むくみが和らぎます。
一番効果的な方法は入浴ですが、時間がないときは蒸しタオルなどでむくんでいる部分を優しく包んであげるだけでも効果的です。
また、日頃から身体を冷やさないように、羽織ものを持ち歩いたり、冷たいものを控えたりすることも大切です。

(3)マッサージ

むくみを和らげるにはマッサージも有効です。
マッサージによって血流を促すことで、溜まった水分の排出を促します。
マッサージのコツは身体の末端(足や脚など)から心臓へ向かって行うことです。
強く押しすぎると、血管やリンパ管を傷つけてしまう恐れがありますので、優しく撫でるように心臓へ向かってマッサージしてください。

(4)塩分や水分の過剰摂取に注意

塩分や水分は身体のバランスを保つために必要ではありますが、過剰摂取をするとむくみの原因になります。
ファーストフードやスナック菓子などは塩分濃度が高いので、むくみが気になる方は控えた方が良いでしょう。
また、水分補給に関しては一度にたくさんの水分を摂るのではなく、間隔を開けてこまめな水分補給をすることが大切です。

ノコギリヤシでむくみ体質を改善へ

日頃からむくみに悩まされている方は、身体がむくみやすい体質になっている可能性があります。
むくみ体質を改善するためには、ノコギリヤシを摂ってむくみを予防・解消へと促すだけでなく、生活スタイルを見直して、むくみにくい身体をつくることが大切です。
むくみ体質を改善して、スッキリしたカラダを手に入れましょう!

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。