メインイメージ

ノコギリヤシとフィナステリドは何が違うの?

フィナステリドとは?

詳しくみる

フィナステリドとは、AGA(男性型脱毛症)内服薬に用いられるプロペシアの主成分です。
薄毛や抜け毛を引き起こす脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、男性ホルモンのテストステロンと、体内に存在する5-αリダクターゼという酵素と結びつくことで生成されます。
フィナステリドは5α-リダクターゼを抑制することで、テストステロンとの結合を阻止し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。

フィナステリドの効果と副作用

日本皮膚科学会の調査によると、フィナステリド内服を1年継続している方で58%、2年継続している方で68%、3年継続している方で78%も現状維持より高い改善効果を得たと回答しています。

しかし、フィナステリドを服用したことで副作用を感じた方も報告されています。
フィナステリドを服用した1~2%の方が、性欲減退、勃起機能障害、精子減少、肝機能障害、うつなどを発症しています。
服用した100人に1~2人が副作用を感じています。
数字にすると多くはないものの、日本のAGA人口は1000万人を超えていますので、 10~20万人の方は副作用が生じる可能性があるのです。

ノコギリヤシとAGAの関係

ノコギリヤシはヤシ科の植物で、果実に含まれる成分に前立腺肥大の抑制や血行促進などの健康効果が期待されています。
ノコギリヤシには、ファイトケミカルの一種「β-シトステロール」が含まれています。
ファイトケミカルとは、野菜や果物などの植物に含まれる色素や香りから発見された化学物質のことで、健康維持・改善に役立つと期待されています。

ノコギリヤシのAGA予防・改善効果

ノコギリヤシに含まれるβシトステロールは、5aリダクターゼの働きを抑制することで、5aリダクターゼとテストステロンの結合を阻止し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。
また、5aリダクターゼには「1型5αリダクターゼ」と「2型5αリダクターゼ」の2種類存在するのですが、ノコギリヤシはどちらの抑制にも効果的だと期待されています。
以下2つの特徴です。

1型5αリダクターゼの特徴

側頭部や後頭部の皮脂腺に多く存在している5αリダクターゼです。
1型5αリダクターゼの働きが強い方は皮脂分泌が増えて頭皮が脂っぽくなります。

2型5αリダクターゼの特徴

前頭部や頭頂部の毛乳頭に多く存在している5αリダクターゼです。
2型5αリダクターゼの働きが強い方は髪の毛は薄毛になるのに髭や体毛は濃い傾向にあります。
体内で産生されるジヒドロテストステロンの約70%は、2型5αリダクターゼによるものといわれています。

ノコギリヤシとフィナステリドの違い

(1)区分

・ノコギリヤシ
ノコギリヤシは健康食品に分類されますので、医師の処方などは必要ありません。

・フィナステリド
フィナステリドは医薬品ですので、医師の処方が必要になります。

(2)購入・価格

・ノコギリヤシ
ノコギリヤシは健康食品ですので、薬局やネット通販などで購入できます。
価格は1ヶ月千円~5千円程度です。

・フィナステリド
フィナステリドは医薬品ですので、専用のクリニック、皮膚科、内科などで処方箋をもらってから購入できます。
AGA治療は自由診療ですので、クリニックによって価格に開きがあります。
プロペシア内服薬の場合1ヶ月4千円~1万円前後+診察料が必要になります。

(3)効果実感

・ノコギリヤシ
ノコギリヤシは健康食品ですので医薬品のような効果はありません。
しかし、ノコギリヤシを摂ることで薄毛改善効果が見られたという研究結果もありますので長期間摂取することで効果が期待できます。
ちなみに、ノコギリヤシは1型、2型両方の5αリダクターゼの抑制に期待されています。

・フィナステリド
フィナステリドはAGA治療薬の成分として厚生労働省の認可を受けています。
しかし、治療薬ではあるものの服用しても即効性はありません。
平均的に効き目を実感するまでには6ヶ月~1年の服用が必要です。
ちなみに、遺伝による体質が原因でAGAを引き起こしている場合はフィナステリドを服用しても効果が見られないケースもあります。
フィナステリドは2型5αリダクターゼの抑制に優れています。

(4)健康被害・リスク

・ノコギリヤシ
ノコギリヤシは健康食品ですので、薬のような副作用はありません。
ただし、過剰摂取すると腹痛や吐き気、下痢などを引き起こす恐れがあります。

・フィナステリド
フィナステリドは医薬品ですので人によっては副作用を引き起こすことがあります。
現在までに報告されている副作用には、性欲減退、勃起機能障害、精子減少、うつなどがあります。
ごく稀に、フィナステリドの服用を止めても副作用がずっと続く「ポストフィナステリド症候群」に陥る方もいます。
症状としては、性欲の減退、精液の質の低下、うつ、筋肉の衰え、倦怠感などがあります。

薄毛対策はノコギリヤシから始めよう

ノコギリヤシは薬ではありませんので、AGA治療薬であるフィナステリドのような効果は期待できません。
しかし、フィナステリドは医師の処方箋が必要ですので、クリニックで診察する必要もありますし、保険もききませんのでお財布にも優しくありません。
さらに、長期間の服用が必要にもかかわらず薄毛の種類によっては継続しても効果が得られない場合があります。
その点、ノコギリヤシの場合、フィナステリドのような効果実感は期待できないものの、副作用の不安もありませんし、健康食品ですのでお財布にも優しく、いつでも購入可能です。
薄毛、抜け毛対策を気軽に始めるなら、リスクが少ないノコギリヤシがおすすめですよ。

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。