メインイメージ メインイメージ

ノコギリヤシがもたらす安眠効果

ノコギリヤシの安眠効果

ノコギリヤシには薄毛の予防や生活習慣病の予防など様々な働きがありますが、実は安眠効果を高める働きもあるのです。
そこで今回はノコギリヤシの安眠効果を3つご紹介します。

頻尿の予防

詳しくみる

男性の場合、加齢に伴って前立腺が肥大化する傾向にあります。
前立腺が肥大する前立腺肥大症の原因は未だ解明されていませんが、現段階では男性ホルモンが影響していると考えられています。
そのため、前立腺肥大症の治療薬には、強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成を抑制する5α還元酵素阻害薬や、男性ホルモンの分泌を抑える抗男性ホルモン薬などが用いられています。

ノコギリヤシは前立腺肥大症の治療薬と似た働きをします。
というのも、ノコギリヤシに含まれるβ-シトステロールは、ジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼを抑制する働きがあるのです。
ジヒドロテストステロンは、5リダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合することで生成されますので、5αリダクターゼを抑えることでジヒドロテストステロンの発生を予防します。
この働きによって、ノコギリヤシは前立腺肥大症を抑制します。

前立腺肥大症はトイレの間隔が近い「頻尿」や、尿の出が悪い「排尿遅延」、尿を排出してもまだ残っている感じがする「残尿感」などの排尿障害を引き起こします。
排尿障害は安眠を妨げる大きな原因になります。
ノコギリヤシは前立腺肥大症を抑制することで排尿障害を予防・改善へと促し、安眠をサポートします。

ストレスの緩和

詳しくみる

ストレスが蓄積するとストレスホルモンが大量に分泌されます。
ストレスホルモンが血管(下垂体門脈)に放出されると、睡眠抑制作用を持つコルチコトロピンという副腎皮質刺激ホルモンが分泌されます。
これにより、睡眠の質が低下し、安眠が妨げられます。
不眠を呼び、さらには免疫機能をも低下させてしまいます。

ノコギリヤシに含まれるオクタコサノールは、ストレスへの対抗性が認められている成分ですので、ノコギリヤシを摂ることでストレスの蓄積を防ぎ、ストレスを和らげます。
ストレスが和らぐと、ストレスホルモンの分泌も収まりますので、コルチコトロピンの分泌を抑制します。
ノコギリヤシのこの働きにより、安眠を導きます。

血液を促してコリをほぐす

詳しくみる

質の良い睡眠で安眠するためには、脳や身体がリラックスしていることが重要です。
心身をリラックスさせるためには交感神経(緊張・活動モード)を鎮めて、副交感神経(休息・リラックスモード)を優位にすることが大切です。
しかし、筋肉が凝り固まっていると、脳や体は緊張状態になり、自律神経の交感神経が優位になります。
交感神経を鎮めて、副交感神経を優位にするためには、筋肉の緊張をほぐすことが効果的です。

ノコギリヤシには、増え過ぎると血液をどろどろにする悪玉コレステロールの減少をサポートするβ-シトステロール、増え過ぎると血管を詰まらせる過酸化脂質の生成を抑えるオレイン酸が含まれています。
血液をサラサラにすることで、全身に血液が行き渡ると、筋肉の緊張がほぐれます。
筋肉の緊張がほぐれると副交感神経が優位になりやすいので、安眠しやすくなります。

安眠効果を高める方法

ノコギリヤシを摂るだけでなく、普段の習慣を少し変えるだけで、さらに高い安眠効果が期待出来ます。
では、ノコギリヤシの安眠効果をより高める方法をご紹介します。

睡眠リズムを作る

詳しくみる

不規則な生活は身体のリズムが乱れて、スムーズな睡眠を妨げます。
お布団に入ってすぐに眠れる状態をつくるためには、出来るだけ毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるという睡眠リズムを作ることが大切です。
規則正しい生活は、身体のリズムも整い、質の良い睡眠につながります。

パジャマを見直す

詳しくみる

24時間の中で一番リラックスしなければならない時間が睡眠中です。
そんな睡眠中の体を包んでいるパジャマは眠りの質を左右する大きなポイントになります。
サイズは身体に締めつけのないゆったりしたものを選んで、素材は汗をしっかりと吸収してくれる綿や保温性の高いシルクなどがおすすめです。
また、機能性だけでなく、肌ざわりや自分のお気に入りのデザインであることも心を落ち着かせる重要なポイントですよ。

目の疲れを癒す

詳しくみる

筋肉の緊張は神経全体を興奮させます。
特に眼球には多くの神経が集中していますので、目の疲れや緊張を癒すと身体全体にも良い影響を与えます。
目を癒すためには目薬をさすだけでなく、ホットアイマスクなどで眼球に集まる無数の毛細血管の流れを促したり、目を動かすアイストレッチなどがおすすめですよ。

入眠の2時間前には食事を済ませる

詳しくみる

入眠前に食事を摂ると消化・吸収のために胃腸が活発になります。
内臓が一生懸命働いているときは眠りにつけても眠りが浅くなってしまいますので、眠る前の食事はおすすめしません。
ただし、時間を開けすぎてどうしてお腹が空いて眠れないという場合は、我慢せずに小腹を満たす方が睡眠のためには良いでしょう。
ただし、眠る前にごはんを食べると太りやすくなりますので、消化・吸収の良いおかゆやうどん、にゅう?などがおすすめですよ。

ノコギリヤシで質の良い睡眠習慣を!

ノコギリヤシには安眠をサポートする働きがあります。
しかし、質の良い睡眠を得るためにはノコギリヤシを摂るだけでなく、普段から安眠しやすい生活リズムを作ることも大切です。
質の良い睡眠は、肌にも髪の毛にも内臓にも良い影響をもたらしますので、ノコギリヤシを摂って質の良い睡眠習慣を目指しましょう。

あなたにおすすめのコラム一覧

購入&比較の結果発表!満足できた育毛サプリはこちら

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。