メインイメージ

ノコギリヤシ+イソフラボンを摂取して更年期を乗り切ろう!

更年期症状の原因

詳しい説明

一般的に女性は50歳前後で閉経を迎えます。
閉経をはさんだ45~55歳頃の期間を「更年期」と呼びます。
女性は年齢を重ねると卵巣機能が低下していき、更年期になると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減少します。
これにより、ホルモンバランスが崩れます。

さらに、女性ホルモンをコントロールしている脳の視床下部はホルモン分泌だけでなく、呼吸、体温調節、消化機能の調節、精神の安定などをコントロールしている自律神経も司っている器官ですので、女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経のバランスも崩れやすくなります。

つまり、更年期になると女性ホルモンだけでなく、自律神経のバランスも崩れやすくなってしまうのです。
女性ホルモンのバランスが崩れ、さらには自律神経のバランスが崩れると、肩こり、頭痛、めまい、のぼせ、ほてり、発汗、腹痛、腰痛、不眠、動悸、息切れ、イライラ、不安感、うつ症状など、様々な不調を引き起こします。これが更年期症状です。

ノコギリヤシ+イソフラボンが更年期症状を緩和へ

辛い更年期症状を乗り切る強い味方として注目されている健康食品があります。
それは、「ノコギリヤシ」と「イソフラボン」です。
では、なぜノコギリヤシとイソフラボンが更年期症状の緩和に良いのでしょうか?

ノコギリヤシが更年期症状の緩和に良い理由

ノコギリヤシはヤシ科のハーブで、男性機能の向上や脱毛予防などに期待されています。
ではなぜノコギリヤシが更年期症状の緩和に良いのでしょうか?

(1)男性ホルモンの分泌を抑制

男性は男性ホルモン、女性は女性ホルモンが分泌されていますが、反対に男性にも女性ホルモン、女性にも男性ホルモンが存在しています。
年齢とともに女性ホルモンの分泌が低下すると、相対的に男性ホルモンの分泌が増えます。
男性ホルモンの影響が大きくなると女性ホルモンのバランスがさらに乱れやすくなり、更年期症状が悪化しやすくなります。

ノコギリヤシに含まれるβシトステロールには、5aリダクターゼを抑制する働きがあります。
5aリダクターゼは女性にも男性にも存在する酵素で、男性ホルモンのテストステロンと結合すると、テストステロンよりも強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を生成します。
ノコギリヤシは5aリダクターゼを抑制することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。
これにより、男性ホルモンの分泌を抑え、ホルモンバランスの乱れを防ぎ、更年期症状の悪化を防ぎます。

(2)エストロゲンの働きを補う

現段階で更年期症状に効果的な治療法は「HRT」と呼ばれるホルモン補充療法です。
HRTは減少したエストロゲンを補充することでホルモンバランスを整えることが有効だとされています。

ノコギリヤシに含まれるβシトステロールは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする植物性エストロゲンです。
ノコギリヤシでエストロゲンの働きを補うことで、乱れたホルモンバランスを整えるように導きます。
ノコギリヤシはHRTと似た働きをすることで、更年期症状を和らげます。

(3)自律神経を整える

更年期症状の治療にはHRTだけでなく、乱れた自律神経を整える漢方薬や抗うつ薬が用いられています。
つまり、乱れた自律神経を整えることが更年期症状の改善に有効なのです。

ノコギリヤシに含まれるオクタコサノールはストレスへの対抗性が認められている成分ですので、ノコギリヤシを摂ることでストレスに強い身体をつくります。
ストレスは自律神経のバランスを乱す大きな要因ですので、ノコギリヤシを摂ることで更年期症状の悪化を予防します。

また、自律神経のバランスが崩れると血行不良になります。
血行不良は様々な更年期症状を悪化させる要因ですので、自律神経を整えるためにも、更年期症状を緩和するためにも血行不良を改善することが大切です。
ノコギリヤシには、増え過ぎると血液をどろどろにする悪玉コレステロールの減少をサポートするβ-シトステロールや、血管を詰まらせる過酸化脂質の生成を抑えるオレイン酸が含まれていますので、血液をサラサラにします。
血液がサラサラになり、血行が良くなると自律神経も整いやすくなり、更年期症状も和らぎます。

イソフラボンが更年期症状の緩和に良い理由

イソフラボンは大豆や葛などのマメ科植物に特に多く含まれるポリフェノールの一種です。
ではなぜイソフラボンが更年期症状の緩和に良いのでしょうか?

(1)エストロゲンの働きを補う

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持っています。
上記でも述べたように、現段階で更年期症状に効果的な治療法は「HRT」と呼ばれるホルモン補充療法ですので、更年期症状を改善するためにはエストロゲンを補充することが有効だと考えられています。

イソフラボンにもノコギリヤシと同様にエストロゲンと似た働きを持つ植物性エストロゲンが含まれていますので、エストロゲンの働きを補うことで、乱れたホルモンバランスを整えるように導きます。
実際にイソフラボンは更年期症状ののぼせやほてりなど様々な更年期症状の改善効果が確認されています。

(2)血行を促進

イソフラボンは血中コレステロールを抑えたり、悪玉コレステロールの酸化を抑えて血液をドロドロにする過酸化脂質の生成を抑制したりすることで、血液の流れを促す働きがあります。
上記でも述べたように、血行不良は自律神経のバランスを乱したり、更年期症状を悪化させる要因です。
イソフラボンで血液をサラサラにすることで、自律神経のバランスを整え、更年期症状を和らげます。

更年期症状を緩和する方法

更年期症状を改善するためにはノコギリヤシとイソフラボンを摂るだけでなく、日常生活を見直すことが大切です。
今回は、更年期症状の悪化を防ぎ、症状を緩和するために効果的な方法をご紹介します。

(1)栄養補給

偏った食生活は自律神経のバランスを乱す要因になります。
更年期症状を和らげるためには、栄養バランスのよい食事を心がけるとともに、ホルモンバランスを整える働きを持つ亜鉛、ビタミンB6、ビタミンE、パントテン酸などが豊富な食品を積極的に摂ることをおすすめします。

(2)有酸素運動

ウォーキングやヨガなどの有酸素運動は自律神経のバランスを整える働きがあります。
反対に、ジョギングや筋トレなどの無酸素運動は呼吸器系や循環器系への負担が大きいため、更年期症状の改善にはおすすめしません。
更年期症状の改善には、呼吸が楽にできる程度の運動がおすすめです。

(3)頑張り過ぎない

更年期症状を悪化させる大きな要因は「ストレス」にあります。
肉体的なストレスも精神的なストレスも女性ホルモンと自律神経を乱すことになりますので、頑張り過ぎないことも大切です。
更年期症状には症状の程度や期間に個人差があります。
頑張り過ぎてしまう人ほど症状がひどくなる傾向があります。
頑張り過ぎず、肩の力を抜いて生活することも更年期症状を改善するためには大切なことです。

更年期症状と上手く付き合っていく

更年期症状は症状にも期間にも個人差があります。
長い人だと10年程、更年期症状に悩まされることもありますので、上手く付き合っていくことが必要です。
ノコギリヤシとイソフラボンには更年期症状を緩和する働きがありますので、更年期を乗り切るための強い味方となるでしょう。
これから更年期に入る方も、今まさに更年期症状に悩まされている方も、ノコギリヤシ+イソフラボンのサプリメントで心身を整えましょう。

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。