メインイメージ

ノコギリヤシで頭皮のかゆみやフケを改善へ

頭皮のフケは誰にでもある

個人差はあるものの、頭皮に異常がない人でもある程度のフケは発生します。
というのも、人の頭皮は肌と同じように30日程度のサイクルで古い細胞と新しい肌細が入れ替わるターンオーバーが行われています。
ターンオーバーの際に、老廃物が垢のように小さく剥がれ落ちます。これがフケです。

ただし、通常のターンオーバーで生まれるフケは洗髪によってほとんど洗い流されるため、肩や服などに落ちて目立つことはありません。
頭皮になんらかの問題が生じていると、粉のようにフケが肩や服などに落ちて目立つようになります。

頭皮のフケの種類

頭皮のフケには主に2種類存在します。
それは、乾燥型のフケと皮脂分泌型のフケです。

(1)乾燥型のフケ

頭皮の水分や皮脂が不足すると頭皮は乾燥します。
頭皮が乾燥した状態で洗浄力の強いシャンプーで洗髪をしたり、ドライヤーなどで乾かさないまま寝たりすると、粉のように細かいフケが発生します。

(2)皮脂分泌型のフケ

頭皮の乾燥とは反対に、頭皮の皮脂分泌が過剰になると毛穴が詰まりやすくなったり、菌が発生しやすくなります。
それにより、油っぽいフケが発生します。

フケが発生すると多くの方が頭皮のかゆみも併発します。
これは、大量に発生したフケに頭皮が刺激されることで発生しますので、頭皮のフケを改善しなければかゆみも改善されません。
では、フケが発生する原因は何にあるのでしょうか?

頭皮のフケが発生する原因

頭皮の乾燥

詳しい説明

頭皮も人の肌と同じように、年齢を重ねるとうるおい成分である天然保湿因子やコラーゲンなどが減少していきます。
肌のうるおい成分が不足すると、乾燥してシワが出来やすくなるように、頭皮も乾燥しやすくなります。
さらに、頭皮は常に外気や紫外線などの刺激にさらされていますので、乾燥しやすいのです。
頭皮が乾燥すると頭皮を覆っている角質層が剥がれやすくなります。
これによりフケが発生します。

ストレスの蓄積

詳しい説明

人の体は強いストレスを受け続けると自律神経のバランスが乱れ、副交感神経(休息・リラックスモード)よりも交感神経(緊張・活動モード)ばかりが刺激されます。
交感神経は血管を収縮させる作用がありますので、血行不良になり、頭皮に栄養や酸素が十分に届かなくなります。

また、自律神経が乱れると睡眠不足も続きます。
これにより、新陳代謝が滞り、ターンオーバーが乱れます。

また、ストレスが蓄積すると体内で活性酸素が増加します。
ただでさえ、活性酸素は過酸化脂質などを作り出し、皮脂分泌を過剰にします。
これによりフケが発生します。

常在菌の増加

詳しい説明

人の肌や頭皮にはたくさんの常在菌が存在します。
通常であれば、それらの常在菌が悪さをすることはありません。
しかし、ストレスや過労、睡眠不足、食習慣の乱れなどが続くと、マラセチア菌という菌が増殖します。
マラセチア菌は、ニキビの原因菌でもあるアクネ菌と同じカビ菌です。
マラセチア菌が増殖すると頭皮の新陳代謝が活発になりすぎて、ターンオーバーのサイクルが異常に短くなります。
短すぎるサイクルで作られた頭皮細胞は未成熟のままですので、バリア機能も弱く、すぐにフケとなって剥がれ落ちてしまいます。
これによりフケが発生します。

シラミや水虫などの感染

詳しい説明

シラミや水虫による感染もフケを発生させる原因になります。
まず、シラミとは髪の毛に寄生する体長1~4mmほどの寄生生物です。
頭皮から吸血してかゆみや湿疹などを引き起こします。
国内での感染者は減少傾向にあったのですが、海外旅行などによってシラミを持ち帰った人などから近年シラミの感染が増えています。
また、通常であれば足にできるはずの水虫が頭皮に感染するケースもあります。
水虫はカビ菌の一種なのですが、水虫菌がついた指などで頭皮をかいてしまうと水虫に感染する場合があります。
水虫は人だけでなく動物からも感染しますので、自分が水虫でなくとも注意が必要です。

頭皮のフケやかゆみにノコギリヤシがおすすめ

ノコギリヤシはヤシ科の植物で、薄毛や抜け毛、前立腺肥大症などの対策に有効とされていますが、頭皮のフケやかゆみにも効果的です。
ではノコギリヤシはどのようにフケやかゆみを改善へと導くのでしょうか?

頭皮の皮脂分泌を抑制

詳しい説明

男性ホルモンには皮脂分泌を促す働きがあります。
皮脂が過剰に分泌されるとフケを発生させるだけでなく、薄毛や抜け毛を増やす原因にもなります。
実際に薄毛に悩んでいる男性の多くが脂性肌で、頭皮も油っぽい傾向にあるそうです。

ノコギリヤシには、ファイトケミカルの一種である「βシトステロール」が含まれています。
ファイトケミカルとは、野菜や果物、海藻などの植物に含まれる色素や香りから見つかった化学物質です。
βシトステロールは5aリダクターゼを抑制する働きがあります。
5aリダクターゼは、男性ホルモンのテストステロンと結びつくことで、テストステロンよりもさらに強い作用を持つ男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」に変化します。

ジヒドロテストステロンが増えると男性ホルモンの働きが過剰になり、皮脂分泌が過剰になったり、薄毛や抜け毛を引き起こしたります。
ノコギリヤシのβシトステロールで5aリダクターゼを抑制することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制し、フケを予防・改善します。

頭皮の乾燥を予防・改善

詳しい説明

本来、皮脂は肌内部にある水分の蒸発を防いでうるおいを守ったり、カビやダニなどの外的から肌を守る働きがあります。
皮脂が過剰になりすぎても問題ですが、皮脂が少なくなると肌は乾燥し、あらゆる刺激に弱くなります。

ノコギリヤシには人の皮脂に最も多く存在する「オレイン酸」が含まれています。
乾燥肌の人はオレイン酸が少ないので、オレイン酸を補って頭皮の乾燥を防ぐことがフケの予防に繋がります。
オレイン酸は飽和脂肪酸の中でも非常に安定しており、酸化しにくいというメリットがありますので、様々な美容オイルにも用いられています。
ノコギリヤシを摂って頭皮の乾燥を改善することで、フケを予防・改善します。

頭皮の菌感染を予防

詳しい説明

ノコギリヤシにはコナッツオイルの主成分としても有名な「ラウリン酸」が含まれています。
ラウリン酸は体内に入ると、唾液に含まれる酵素のパワーによって抗菌作用、抗ウイルス、抗真菌作用などを持つ「モノラウリン」に変化します。
モノラウリンは風邪やインフルエンザだけでなく、ヘルペスや帯状疱疹、細菌、寄生虫、カビなどに対しても強い抗菌作用を持っています。
フケの原因となるマラセチア菌、シラミ、水虫にも有効ですので、ノコギリヤシを摂ることで頭皮の感染症を予防し、フケを予防・改善します。

このように、ノコギリヤシにはフケを予防・改善へと促す働きがあります。
頭皮のかゆみは大量発生するフケによる刺激で起こることがほとんどですので、フケが改善されると頭皮のかゆみも和らぎます。

頭皮環境に優しい洗髪も大切!

ノコギリヤシを摂るだけでなく、フケやかゆみを予防・改善するためには洗髪の方法も大切です。
例えば、熱いお湯で洗髪すると頭皮の乾燥が悪化しますので、洗髪の際は38度程度のぬるま湯で洗ったり、頭皮に刺激の強い界面活性剤入りのシャンプーではなく天然成分のシャンプーを選んだりすることも大切です。
ほかにも、洗髪の後はしっかりとドライヤーで乾かすことで菌の繁殖を抑えます。
ノコギリヤシ+頭皮環境を整える洗髪でフケやかゆみを予防・改善しましょう。

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。