血圧低下

ノコギリヤシと漢方のどちらを選ぶ?

加齢とともに男性ホルモンのバランスが崩れて、頻尿や尿のキレが悪くなる排尿トラブルを抱える人は少なくありません。
精神的にもつらいそんな排尿トラブルについてはノコギリヤシのサプリメントを使う方法や漢方薬を使う方法などがあります。

加齢とともに前立腺が肥大し、尿道や膀胱が圧迫されることによって排尿トラブルが起こるのが前立腺肥大症です。
前立腺は膀胱の下にあって中に尿道が通っているため、前立腺が大きくなってしまうと尿道が圧迫されてしまうのです。
前立腺肥大症になる原因は加齢とともに男性ホルモンの分泌が減ってしまうことが原因をいわれています。そのため加齢とともに男性に起こる症状なのです。

この前立腺肥大症になると、トイレが近くなって何度もいったり、夜中に何度もトイレにいったり、尿の出が悪くなったり、トイレにいった後も残尿感が残ったりします。
排尿トラブルは精神的にも負担が大きな症状ですから、予防が大事といえるでしょう。

その予防、そして症状の改善方法としてノコギリヤシの成分が含まれたサプリメントや健康食品を利用する方法と漢方を使用する方法があります。
ノコギリヤシはヤシ科の植物でハーブの一種です。昔からその効用が知られていて、ヨーロッパでは前立腺肥大症の治療薬として承認されています。

一方、漢方薬は伝統中国医学の一種で、日本では日本独自に発展した漢方医学が行われています。
八味地黄丸や牛車腎気丸、清心蓮子飲といった漢方薬が視床下部や下垂体系の機能に効用があり、前立腺肥大症の予防、そして症状の改善を期待することができます。
どちらも前立腺肥大症に対して有効な対処法のため、どちらの方法を選択するかは、費用と継続性によって決めるとよいでしょう。

どちらの方法も費用がかかりますし、またどちらの方法も即効性のあるものではなく、予防や症状の改善には時間がかかります。
症状が改善するためには数か月の間、毎日薬やサプリメントを摂取しなくてはなりませんから、摂取がしやすい方法を選択することをおすすめします。