血圧低下

ノコギリヤシで5αリクターゼを抑制して抜け毛を防ぐ

ヤシ科の植物であるノコギリヤシの実からとれる成分は昔から前立腺肥大症に効果があることが知られていてヨーロッパでは医薬品として知られています。
同時に男性に対してはホルモンバランスを整えると言われていることから抜け毛や脱毛対策にも効果が期待されています。

加齢とともに男性は抜け毛や脱毛といった症状が現れます。
これは加齢とともに男性ホルモンの分泌が減少し、そのためホルモンバランスが崩れるためといわれています。
毛髪には寿命があります。一定の成長を遂げると抜け落ち、同じ毛穴から新しい毛が生えてくる、成長期、退行期、休止期といった周期が繰り返されるのがヘアサイクルです。
しかしホルモンバランスの崩れが髪の毛の発毛、育毛というヘアサイクルを狂わせ、毛髪が細くなって毛が切れやすくなったり、抜けた後に新しい毛は生えてこないといった症状を起こし、頭髪が薄くなってしまうというのです。

この原因になっているのが5αリダクターゼという酵素です。
この酵素はテストステロンという男性ホルモンと結びつくことによってジヒドロテストステロンという成分が生み出します。
ジヒドロテストステロン毛母細胞の活動を低下させる機能があり、頭皮への血液の流れを減少させます。
その結果、ヘアサイクルが狂い、毛髪が抜けるという症状を起こします。
女性も加齢によって、髪のボリュームがなくなってしまいますが、男性の場合と同じく男性ホルモンのテストステロンによって引き起こされます。

そのため、抜け毛、脱毛の予防、または症状の改善には5αリダクターゼという酵素の働きを抑制することが大事です。
このジヒドロテストステロンを減らす効用があるのがノコギリヤシの成分です。
ノコギリヤシに育毛効果があるといわれるのはこの成分が由来しています。

5αリクターゼの働きを抑制する成分として、亜鉛があります。
この亜鉛はノコギリヤシの成分は相性がよく併用することが可能です。
併用することで相乗効果によって高い効果を期待することができます。
ただし、亜鉛は過剰摂取すると副作用があるため、摂取量を守って正しく使用することが大事です。