メインイメージ

ノコギリヤシでテストステロンの分泌量を高める!

ノコギリヤシでテストステロンの分泌を促進!

テストステロンは男性ホルモンの一つで、男性機能を正常に維持するためには欠かせない様々な役割を持っています。
加齢やストレス、生活習慣病の変化などによりテストステロンの分泌が低下すると、様々な不調が生じますので、年齢を重ねても男性が心身ともに健やかに生活するためにはテストステロンの分泌を維持することが大切です。

そこで注目されている健康食品がノコギリヤシです。
ノコギリヤシに含まれるβ-シトステロールには体内に存在する5aリダクターゼを抑制する働きがあります。
5aリダクターゼは男性ホルモンのテストステロンと結びつくことで、薄毛や抜け毛の要因ともなるジヒドロテストステロンを作ります。
ノコギリヤシは5aリダクターゼを抑制することでテストステロンからジヒドロテストステロンへの変化を防ぎます。
これにより、テストステロンの分泌量の低下を防ぎ、テストステロンの分泌をサポートします。

テストステロンの分泌が高まるメリット

では、ノコギリヤシでテストステロンの分泌が高まるとどのようなメリットがあるのでしょうか?
今回は、テストステロンの分泌が高まるメリットを紹介します。

太く丈夫な髪の毛をつくる

男性ホルモンは薄毛を招くと思われがちですが、薄毛を招くのは男性ホルモンのテストステロンではなく、テストステロンが5aリダクターゼとの結合によって変化した「ジヒドロテストステロン」です。
テストステロン自体は、体毛を濃くする作用がありますので、むしろ髪の毛を太く丈夫にします。
テストステロンの分泌を高めることで、薄毛や抜け毛などを予防・改善へと促します。

筋肉量の維持・増強

テストステロンにはタンパク質の合成を促して、筋肉を維持・増強させる働きがあります。
女性よりも男性の方が圧倒的に筋肉量が多いのはテストステロンの分泌が高いからです。
比較的男性は筋肉がつきやすいのですが、テストステロンの分泌が高い人はより筋肉が増えやすいため、ハードな筋力トレーニングをしなくとも無理なく筋力UPが目指せます。
また、筋肉量を維持・増強することで、痩せやすく太りにくい身体になるというメリットもあります。

集中力・やる気UP

テストステロンは、記憶を司る海馬を活性化する働きがありますので、テストステロンの分泌が高い人ほど記憶力や集中力、やる気が高まります。
また、テストステロンには精神を安定させる働きもありますので、イライラしたり不安になったりしづらいというメリットもあります。

生活習慣病のリスクを軽減

テストステロンには血管を拡張して血液の流れを良くする働きがあります。
血液循環が悪くなると、血管を詰まらせる動脈硬化ができやすくなり生活習慣病のリスクが高まります。
テストステロンの分泌が高くなると血液循環も良くなりますので、動脈硬化の予防にも繋がります。
実際に、年齢を重ねてもテストステロン値が高い男性は心筋梗塞や脳梗塞になりにくいという研究結果も出ていますので、生活習慣病のリスクを軽減するためにもテストステロンが重要です。

男性更年期障害の予防

更年期障害は女性だけの障害だと思われていましたが、近年、男性も更年期による不調に悩まされている方が増えています。
男性更年期障害の症状としては、疲労感、倦怠感、性欲低下、勃起障害、不眠、肩こり、頭痛といった肉体的な症状から、気力の低下、集中力の低下、イライラ、うつなどの精神的な症状まで様々です。
男性更年期障害も女性の更年期障害と同じく、原因は性ホルモンの分泌の低下にあります。女性の場合、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減少することにありますが、男性の場合、テストステロンの分泌が徐々に低下していくことにあります。
テストステロンの分泌を高めることは男性更年期症状の予防や緩和にも繋がります。

テストステロンの分泌を維持する方法

このように、テストステロンには男性の健康を維持するために重要な役割がいくつもあります。
ノコギリヤシを摂ってテストステロンの分泌を促すだけでなく、日頃からテストステロンの分泌を低下させない習慣を取り入れることも大切です。
今回は、テストステロンの分泌を維持する方法を3つご紹介します。

(1)標準体重を維持する

肥満の人はテストステロンの分泌が低いことが判っています。
しかし、だからといって体重を減らし過ぎると、かえってテストステロンの分泌を低下させてしまう恐れがあります。
病気のリスクを軽減するためにもテストステロンの分泌を正常に保つためにも、標準体重を維持することが大切です。

(2)質の良い睡眠をとる

22~2時の間はテストステロンの分泌が活発になるゴールデンタイムといわれています。
ですから、この時間までに入眠し、深い睡眠がとれるようにすることが大切です。
また、睡眠は心身の疲労を回復したり、自律神経を整えたりといった働きもありますので、質の良い睡眠をとるだけでなく、7時間以上の睡眠時間を確保することも重要です。

(3)テストステロンの分泌を促す栄養を摂る

食事は栄養バランスが大切ではありますが、テストステロンの分泌を促すためには、ビタミンDや亜鉛などのビタミンやミネラルを積極的に摂ることも重要です。
特にビタミンDと亜鉛は、男性ホルモンを直接増やすわけではありませんが、ビタミンDと亜鉛をしっかりと摂っている男性ほどテストステロンの値が高いといわれています。
また、糖分や炭水化物を多く摂るとテストステロンの分泌量が減少することが判っていますので、テストステロンの分泌を高めたい方は糖分や炭水化物を控えることをおすすめします。

ノコギリヤシでテストステロンの分泌をサポート!

テストステロンの分泌が低下すると、筋肉量が低下したり、疲れやすくなったり、膝痛、腰痛などに悩まされたり、精力の低下、勃起不全といった症状が現れます。
また、テストステロンは精神にも影響を及ぼしますので、分泌が低下するとささいなことでイライラしたり、すぐに不安になったりします。
ノコギリヤシを摂ってテストステロンの分泌をサポートするとともに、生活の中でテストステロンの分泌低下を予防する対策を行うことも重要ですよ。

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。