メインイメージ

ノコギリヤシでムダ毛を抑制する!

ムダ毛が濃くなる原因

細くて薄い体毛ならまだしも、濃くて太い体毛は女性だけでなく男性に摂っても悩みの種です。
とくに女性は、髪の毛以外の体毛はすべて「ムダ毛」と認識している方も少なくないでしょう。
ムダ毛、つまり体毛が濃くなる原因は大きく2つあります。
それは、先天性の原因によるものと、後天性の原因によるものです。

【先天性の原因】

自分の両親からの遺伝、または両親の両親からの隔世遺伝は、顔や身体のみならず、体毛の量や濃さにも影響を及ぼします。
生まれたときから体毛がすでに濃く太かった方、または両親や祖父母が体毛のしっかりした方であれば、先天性の遺伝である可能性が高いです。

【後天性の原因】

人の体は男は男性ホルモン、女性は女性ホルモンがメインで分泌されています。
男性ホルモンと女性ホルモンという名前だけを聞くと、男性のみ、または女性のみに存在しているホルモンのように思えますが、男女それぞれに男性ホルモンと女性ホルモンが存在しています。

男性ホルモンは体毛に強い影響を及ぼすホルモンで、ムダ毛の発生を促しています。
一方の女性ホルモンは髪の毛に強い影響を及ぼすホルモンで、ムダ毛の発生を抑制する傾向があります。
つまり、男性も女性も男性ホルモンを活発にし過ぎないことが、ムダ毛対策には重要になります。

しかし、男女ともに男性ホルモンが分泌されている割合は人によって異なります。
当然ですが、男性ホルモンがメインである男性の方が、男性ホルモンの分泌が活発になりやすい性質があります。
しかし、女性でもストレスや自律神経の乱れなどによりホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌が活発になることもあります。

ノコギリヤシでムダ毛を抑制!

先天性の原因でも後天性の原因でも、体毛の成長を促す男性ホルモンの分泌を過剰にさせないことが重要です。
そこでおすすめなのがノコギリヤシです。
では、ノコギリヤシはどのようにして、男性ホルモンの分泌を抑えるのでしょうか?

男性ホルモンの分泌を抑える

詳しい説明

体毛の成長や発育に大きく影響している男性ホルモンが、ジヒドロテストステロンです。
男性ホルモンには様々な種類がありますが、ジヒドロテストステロンは男性のメインホルモンであるテストステロンの10倍以上の活性を持っています。
つまり、ジヒドロテストステロンはムダ毛を濃く太くする根源といっても過言ではありません。

ジヒドロテストステロンは男女ともに存在する5aリダクターゼという酵素と、テストステロンが結合することで生成されます。
ノコギリヤシに含まれるβシトステロールは、5aリダクターゼを抑制する働きがあります。5aリダクターゼを抑制することで、テストステロンとの結合を阻止し、ジヒドロテストステロンの生成を予防します。
この働きによりムダ毛の発毛、成長を抑制します。

女性ホルモンの分泌を相対的に増やす

詳しい説明

ノコギリヤシに含まれるβシトステロールは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする植物性エストロゲンでもあります。
上記でも述べたように、女性ホルモンにはムダ毛の発生を抑制する傾向がありますので、ノコギリヤシで女性ホルモンを補うことでムダ毛の発育、成長を抑制します。

また、男性の場合、植物性エストロゲンを摂ることで相対的に女性ホルモンの分泌が増えます。
女性ホルモンの割合が相対的に増えることで、過剰に分泌される男性ホルモンの働きを抑え、ムダ毛の進行を防ぎます。

ムダ毛を抑制する6つの有効対策

ムダ毛の発育、成長を抑制するためには、ノコギリヤシを摂るだけでなく、普段からムダ毛を濃くさないための習慣を取り入れることも大切です。
今回は、ムダ毛を抑制する6つの対策をご紹介します。

刺激を与えない

詳しい説明

ムダ毛が濃くなる一因は皮膚や毛穴などへの物理的なダメージがあります。
例えば、ムダ毛処理の際にカミソリではなく毛抜きを使ってムダ毛処理をしたり、皮膚を引っ掻いて傷ができてしまったり、転んで痣が出来てしまうなど、これらは全て物理的なダメージになります。

人の体は外部から刺激を受けると、その部分を守るためによりガードを強くしようとします。
その結果、体毛が濃くなったり、皮膚が厚くなってしまったりするのです。
ムダ毛の成長を抑えるためには、皮膚に刺激を与えないように意識して過ごしましょう。

規則正しい生活習慣を心がける

詳しい説明

睡眠不足や運動不足、過度なストレス、無理なダイエットなどは自律神経やホルモンバランスを崩す大きな要因です。
ホルモンバランスが崩れると女性ホルモンの分泌が低下して、男性ホルモンが活発になることがあります。
自律神経やホルモンバランスを崩さない規則正しい生活習慣を心がけましょう。

体を冷やさない

詳しい説明

犬や猫などの動物は寒い季節になると自然と体毛が増えたり、濃くなったりします。
人間も動物ですので、寒くなると体毛が増えたり、濃くなったりする傾向にあります。
つまり、体が冷えると体毛が増える恐れがありますので、身体を冷やさないようにすることもムダ毛対策にとって大切なことなのです。
冷たいものを飲んだり、食べたり、薄着をしたりしていると、内臓から体が冷えますので、季節問わず、身体を冷やさないようにしましょう。

男性ホルモンの分泌を促す食べ物は控える

詳しい説明

栄養素によっては男性ホルモンの働きを促すものもあります。
そういった栄養素が豊富な食事を積極的の摂ると、男性ホルモンの分泌が活発になり、ムダ毛の成長も後押ししてしまいます。
具体的に、動物性タンパク質が豊富な牛肉や豚肉、ブロッコリー、牡蠣、長ネギ、ニンニクなどは男性ホルモンの分泌を促す栄養素が豊富に含まれていますので、ムダ毛が気になる方は控えた方が良いでしょう。
反対に、植物性たんぱく質が豊富に含まれる大豆製品は女性ホルモンの分泌を促す働きがありますので、ムダ毛対策にはおすすめです。

運動は適度にする

詳しい説明

運動は健康習慣を支えるための大切な習慣ですが、ムダ毛の成長を抑制するためには、運動し過ぎないことも重要です。
というのも、運動をし過ぎて体を鍛えると男性ホルモンであるテストステロンが刺激され、分泌を促してしまうのです。
健康維持のために運動は必要ですが、ムダ毛を抑制するためには、適度な運動を心がけましょう。

ムダ毛処理は正しく行う

詳しい説明

ムダ毛処理はその都度皮膚に刺激を与えますので、本来であればおすすめできません。
しかし、処理をしなければどんどんムダ毛は伸びていきますので、処理せざるを得ません。
ですから、ムダ毛処理は出来るだけ皮膚や毛穴に負担をかけない処理方法で行うことが大切です。以下、正しいムダ毛処理方法です。

〈正しいムダ毛処理〉
1.湯船に浸かって皮膚や体毛を柔らかくする。
2.専用のクリームを皮膚にたっぷりと塗る。
※クリームを塗らなかったり、少量だったりすると肌への摩擦が大きくなるので注意。
3.体毛の流れに沿って、クリームをとるように剃る。
※逆剃りをすると毛穴を傷つけるので注意。
4.クリームを洗い流したら、冷たいタオルで処理した箇所を包む。
5.処理した箇所をしっかり保湿する。

ノコギリヤシでムダ毛の悩みを解消へ!

先天性が原因であっても、後天性の原因であってもムダ毛の成長を促進してしまう原因は男性ホルモンの過剰分泌にあります。
ノコギリヤシは男性ホルモンの過剰分泌を抑える働きがありますので、生まれつき体毛が濃く太い方にもおすすめです。
ノコギリヤシと6つのムダ毛対策で、ムダ毛の悩みの解消を目指しましょう!

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。