メインイメージ

ノコギリヤシとヒゲの関係

「ヒゲ」が生える仕組み

詳しくみる

本来、人の毛は身体を守るために生えています。
ですからヒゲも顔や口周りを守るために生えています。
しかし、同じ毛でもヒゲは髪の毛のように生まれてすぐには生えてきません。
また、女性は産毛が生えてくることはあっても男性のような濃くて太いヒゲが生えてくることもほとんどありません。
ヒゲはいつからどのようにして生えてくるのでしょうか?

ヒゲは男性ホルモンの影響を受ける

詳しくみる

まず、ヒゲは男性ホルモンの分泌が活発になる成長期を迎える年齢から生え始めてきます。
人の体には男女ともに、男性ホルモン、女性ホルモンが存在しています。
しかし、男性であれば9割以上が男性ホルモン、女性であれば9割以上が女性ホルモンを占めていますので、当然男性ホルモンを多く持っている男性の方が男性ホルモンの影響を受けやすくなります。
これが、男性にヒゲが生えて女性にヒゲが生えない理由です。

ヒゲを濃くして髪の毛を薄くするジヒドロテストステロン

詳しくみる

成長期を過ぎた頃からヒゲが生え始め、加齢によって髪の毛のようにヒゲも薄くなっていくと思われる方も少なくないでしょう。
しかし、髪の毛とは反対に30~40代からヒゲは濃く太くなることがあるのです。
その理由は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの影響にあります。
男性ホルモンには、テストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン、アンドロステロン、アンドロステンジオンなど様々な種類があります。
その中でもジヒドロテストステロンは、ヒゲを太く濃くする一方で髪の毛を薄くする作用を持つ悪玉ホルモンなのです。

ノコギリヤシがヒゲの成長を抑制するメカニズム

ノコギリヤシには、ヒゲを濃く太くするジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあります。

そもそも、ジヒドロテストステロンは血中に存在する男性ホルモン「テストステロン」と毛乳頭の近くにある5αリゼクターゼという酵素が結びつくことで生成されます。
ジヒドロテストステロンはヒゲの毛母細胞の細胞分裂を活発にして、濃く太いヒゲを作る一方で、頭皮のヘアサイクルを乱して薄毛を引き起こします。
つまり、ヒゲと薄毛の悪化を抑制するためには、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することが重要なのです。

ノコギリヤシに含まれるβシトステロールは、5aリダクターゼを抑制することで、テストステロンとの結合を阻止し、ジヒドロテストステロンの生成を予防します。
これによりヒゲや薄毛の悪化を予防します。

ヒゲを濃く太くしないために出来ること

詳しくみる

男性の場合、女性のように更年期を過ぎて性ホルモンの分泌が急激に減少することはありません。年齢と共に分泌量は低下するものの、生きている限り女性よりも性ホルモンの影響を受け続けます。
ヒゲは男性ホルモンによって生えていますので、男性ホルモンの分泌が続く限り、なくなることはありません。
しかし、ちょっとした工夫でヒゲを濃く太くしないようにすることはできます。
今回は、ヒゲを目立たせないするためのコツをご紹介します。

ヒゲは正しく剃る

詳しくみる

どの部分にも同じことがいえますが、人の体は損傷を受けると前よりも丈夫になるためにその部分を強く頑丈にしようとします。
これは、ヒゲも同じです。
深剃りをしたり逆剃りをしたりすると、肌や毛穴が傷つき、ヒゲはその場所を守るために、より太く濃い毛を作ろうとします。
また、ピンセットなどの毛抜きでヒゲを抜くのも肌を傷める原因になり、ヒゲが濃くなる恐れがありますので、おすすめできません。
【ヒゲの正しい剃り方】
1.洗顔で皮脂や汚れを落とす。
2.ひげを剃る箇所をしっかりと蒸らして毛を柔らかくする。
3.シェービング剤をたっぷり肌にのせる。
4.ヒゲを剃るというよりシェービング剤を剃り落とすように、丁寧に剃る。

ストレスを溜めない

詳しくみる

ストレスが溜まると自律神経のバランスが乱れやすくなります。
自律神経とホルモン分泌は互いに影響し合っているので、自律神経のバランスが乱れるとホルモンバランスも乱れやすくなります。
ストレスによってホルモンバランスが乱れると、テストステロンが過剰に分泌され、ジヒドロテストロンの生成も活発になる恐れがあります。
睡眠を十分とったり、軽い運動をしたりして、ストレスを溜めないようにしましょう。

男性ホルモンの分泌を抑制するものを食べる

詳しくみる

食べ物には、男性ホルモンの分泌を促すものと男性ホルモンの分泌を抑制するものがあります。
例えば、動物性タンパク質を豊富に含む肉類や、ミネラルが豊富な牡蠣などは男性ホルモンの分泌を促してヒゲを濃くする可能性がありますので、ヒゲが気になる方は控えた方が良いでしょう。
一方、豆乳や納豆など大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似たような働きをしますので、男性ホルモンの分泌が抑えられます。
ヒゲが気になる方は男性ホルモンの分泌を抑制する食べ物を摂るようにしましょう。

ノコギリヤシでヒゲと薄毛の悪化を予防!

ヒゲ脱毛は痛みをともないますし、高額な施術費がかかります。
ノコギリヤシは健康食品ですので、即効性はないものの、薬のような副作用の心配はありませんし痛みもありません。
ノコギリヤシにはヒゲの悪化を予防するだけでなく、薄毛を予防する働きもあります。
ヒゲは濃いのに髪の毛は薄いと悩んでいる方にはぴったりの健康食品です。

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。