メインイメージ

ノコギリヤシでうつ症状が楽になる!?

うつ症状をもたらす男性更年期障害

女性の場合、閉経を迎える45~55歳の更年期を迎えると女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少し、心身に不調をもたらす更年期障害が現れます。
男性もまた、40代後半~60代を中心に心身に不調をもたらす男性更年期障害が現れます。
男性更年期症状には、勃起不全、倦怠感、関節の痛み、筋力低下、頭痛、めまい、頻尿といった肉体的症状から、性欲減退、不眠、無気力、イライラ、うつ症状などの精神的症状があります。

男性更年期障害の原因は男性ホルモンのテストステロンの減少にあります。
テストステロンは男性の大部分を占める男性ホルモンで、10代をピークに加齢とともに分泌が低下していきます。
テストステロンは自律神経をコントロールしている脳の視床下部からの指令によって作られるのですが、心身のストレスや生活習慣の乱れなどによって自律神経が乱れると、交感神経ばかりが優位になり、視床下部はテストステロンを作らないように指令を出してしまうのです。

男性更年期障害は医学上「LHO症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」と呼ばれていますが、加齢だけでなく、ストレスの蓄積や生活習慣の乱れによってもテストステロンは低下しますので、中高年の男性だけでなく20~30代の男性も注意が必要です。

ノコギリヤシでうつ症状が楽になる理由

上記でも述べたように、うつ症状は男性更年期障害の一つです。
男性更年期障害のうつ症状を和らげるためには、テストステロンの減少を抑制することが重要です。
実際に、男性が発症するうつ病の中にはテストステロンを補充することで改善する場合もあります。

そこで注目されている健康食品がノコギリヤシです。
ノコギリヤシに含まれるβ-シトステロールには体内に存在する5aリダクターゼを抑制する働きがあります。
5aリダクターゼはテストステロンと結びつくことで、テストステロンの10倍以上もの活性を持つ男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を生成します。
5aリダクターゼによってテストステロンがジヒドロテストステロンへと変化すると、テストステロンが低下します。
ノコギリヤシは5aリダクターゼを抑制し、テストステロンとの結合を阻止することで、テストステロンの低下を予防します。

このようにノコギリヤシはテストステロンの分泌をサポートすることで、男性更年期障害のうつ症状を和らげます。

うつ症状を緩和するために大切なこと

詳しくみる

うつ病の原因は、未だにハッキリと解明されていませんが、現段階では脳内の神経伝達物質「セロトニン」の不足であると考えられています。
セロトニンは質の良い睡眠を促したり、精神を安定させたりするために重要な神経伝達物質ですので、セロトニンの分泌が不足すると睡眠障害を引き起こしたり、イライラや不安感などをもたらす可能性が高くなったりします。

つまり、うつ病だけでなく様々なうつ症状を和らげるためには、セロトニンの分泌を高めることが重要なのです。
セロトニンは体内で生成することができませんので、食事から摂る必要があります。
セロトニンは必須アミノ酸の一つである「トリプトファン」からつくられますので、トリプトファンが豊富な肉類や乳製品、青魚、魚卵などの摂取がおすすめです。

また、トリプトファンからセロトニンをつくるためには、様々な補酵素が必要になります。
中でも、ビタミンB6、ナイアシン、ビタミンCなどはセロトニンを作る際に大切な補酵素となりますので、トリプトファンと一緒に摂ることで効率よくセロトニンへと変換できます。

ノコギリヤシでうつ症状を和らげよう!

ノコギリヤシは男性ホルモンのテストステロンの分泌をサポートすることで、うつ症状を和らげる働きがあります。
テストステロンの分泌を促すだけでなく、精神を安定させるセロトニンをつくる食べ物を摂ることもうつ症状の緩和には効果的です。
ノコギリヤシを摂るとともに生活習慣を見直して、辛いうつ症状を和らげましょう。

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。