メインイメージ

ノコギリヤシ摂取のデメリットはあるの?

健康効果が期待されるノコギリヤシとは?

ノコギリヤシはヤシ科のハーブです。
ノコギリヤシの果実から抽出されたエキスには、オクタコサノールやβ-シトステロール、オレイン酸、リノール酸、ミリスチン酸など様々な有用成分が含まれています。
これらの成分によって、薄毛や抜け毛の改善、前立腺肥大症の抑制、EDの予防・改善、ニキビ、肌荒れの予防、生活習慣病の予防などの効果が期待されています。

しかし、そんなノコギリヤシにもデメリットはあります。
では、ノコギリヤシにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

ノコギリヤシのデメリット

医薬品のような効果実感は得られない

詳しくみる

ノコギリヤシの主な効果は、βシトステロールが5aリダクターゼを抑制することにあります。
5aリダクターゼは体内に存在する酵素で、男性ホルモンのテストステロンと結びつくことで、ジヒドロテストステロンに変換します。

ジヒドロテストステロンはAGA(男性型脱毛症)を引き起こしたり、前立腺肥大症を悪化させたり、ニキビや肌荒れなど肌トラブルを引き起こします。
ノコギリヤシのβシトステロールは5aリダクターゼを抑制することでジヒドロテストステロンの生成を抑制し、ジヒドロテストステロンによる弊害を予防・改善する効果が期待されています。

しかし、ノコギリヤシは医薬品ではなく天然の植物ですので、医薬品のような効果は期待できません。

効果実感には長い期間が必要

詳しくみる

ノコギリヤシと同じ働きを持つ医薬品にフィナステリドがあります。
フィナステリドは、5aリダクターゼを抑制することでジヒドロテストステロンの生成を予防する効果が認められており、AGAの治療薬としても用いられています。
しかし、そんな医薬品であっても、効果実感を得られるまでに平均して半年~1年の時間がかかります。
医薬品ではないノコギリヤシが効果を実感するには、それ以上の時間がかかるでしょう。
医薬品のような効果実感が得られないだけでなく、効果実感を得るまでに長い期間が必要になることがノコギリヤシのデメリットです。

服用している薬によっては摂取できない

詳しくみる

ノコギリヤシには、併用することで薬の効果を下げてしまう、または上げ過ぎてしまう恐れを持つ薬があります。それが以下の薬です。

・ホルモンに作用する薬
ノコギリヤシにはホルモンの分泌を抑制する作用があります。
そのため、ホルモンに作用する薬を服用している場合、薬の効果を下げてしまう恐れがあります。
・抗血液凝固作用を持つ薬
血液をサラサラにして血液を固まりにくくするための薬とノコギリヤシを併用すると、血液がサラサラになりすぎて出血しやすくなる恐れがあります。

これらの薬を飲んでいる方はノコギリヤシを摂取できません。
また、これらの薬だけでなく、服用している薬がある方はノコギリヤシを摂取する前に必ずかかりつけ医に相談しましょう。

体質的に合わない人もいる

詳しくみる

ノコギリヤシは天然の植物ですので、人によっては体質的に合わない方もいます。
また、ノコギリヤシはホルモンに影響を及ぼしますので、体調が悪かったり、ホルモンバランスが崩れていたりすると吐き気などを引き起こすこともあります。

また、胃腸が弱い方や天然成分に敏感な方などがノコギリヤシを摂ると、腹痛や胃痛が起きる恐れもあります。
胃腸が弱い方はもちろん、胃の調子の悪い時などは摂取を避けた方が良いでしょう。

ノコギリヤシにはメリットがたくさん!

ノコギリヤシにはデメリットはありますが、AGAの予防・改善、排尿障害の緩和、勃起不全の予防、ニキビ、肌荒れの予防・改善、動脈硬化の予防など、様々なメリットがあります。
健康に不安がある方は、かかりつけ医に相談してからノコギリヤシを摂りましょう。

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。