メインイメージ

ノコギリヤシで顔のテカリ、ベタつき対策

顔のテカリ、べたつきと男性ホルモンの関係

顔のテカリやべたつきには男性ホルモンが深く関係しています。
人の体内には男女ともに、男性ホルモンと女性ホルモンが存在しています。
当然ですが、割合的には男性の場合は男性ホルモンの分泌が活発ですし、女性の場合は女性ホルモンの分泌が活発です。

しかし、生活習慣の乱れやストレスなど、様々な要因によって性ホルモンの分泌が低下することがあります。
男性の場合、男性ホルモンの分泌が低下すると相対的に女性ホルモンの分泌が増え、女性の場合、女性ホルモンの分泌が低下すると相対的に男性ホルモンの分泌が増えます。
すると、女性はにきびや肌荒れを引き起こす恐れがあります。

というのも、女性ホルモンには皮脂分泌を抑える働きがあるのですが、男性ホルモンには皮脂線を活性化して皮脂分泌を促す働きがあるのです。
女性よりも男性の方が汗や皮脂量が多い理由は男性ホルモンにあるのです。
また、男性であっても男性ホルモンの分泌が活発になりすぎると、汗や皮脂分泌が増え、顔がテカったり、べたついたりします。

ノコギリヤシで脂性肌を予防・改善へ

性ホルモンはバランスが大切

詳しくみる

人の体には男女ともに様々な性ホルモンが存在しています。
性ホルモンは分泌量が増えるほど良いと思われがちですが、実際はそうではありません。
性ホルモンはバランスが大切であって、分泌が増え過ぎても減り過ぎても何らかの支障をきたすのです。

顔のテカリやベタつきが気になる方は、男性ホルモンの分泌が活発になり、脂性肌となっている可能性があります。
肌質は遺伝などの傾向もありますが、加齢、スキンケアの影響、生活習慣などによって大きく左右されますので、ケアの仕方によっては肌トラブルがもっとも少ない普通肌へと変えられるチャンスはあります。

ノコギリヤシで脂性肌対策

そこでおすすめなのがノコギリヤシです。
ノコギリヤシはヤシ科のハーブで、薄毛や抜け毛の予防、生活習慣病の予防・改善、便秘解消など様々な効果が期待されているのですが、脂性肌対策にも有効なのです。
ノコギリヤシに含まれるβ-シトステロールは5aリダクターゼを抑制する働きがあります。

5αリダクターゼがジヒドロテストステロンをつくる

詳しくみる

5aリダクターゼは男性ホルモンのテストステロンと結びつくと、テストステロンよりも強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を生成します。
ジヒドロテストステロンはテストステロンの10倍以上も強い活性を持つともいわれており、薄毛や抜け毛、前立腺肥大にも悪影響を及ぼしています。
そして、冒頭でもご説明したように、男性ホルモンには皮脂腺を活性化する働きがありますので、ジヒドロテストステロンが増えると皮脂分泌も活発になります。

βシトステロールが5αリダクターゼを抑制する

詳しくみる

5aリダクターゼは男性にも女性の体にも存在している酵素です。
そして男性はもちろん、女性にも男性ホルモンは存在していますので、男女ともにジヒドロテストステロンは生成されます。
ノコギリヤシに含まれるβ-シトステロールは5aリダクターゼを抑制することで、テストステロンとの結合を阻止し、ジヒドロテストステロンの生成を予防します。
皮脂線を活性化するジヒドロテストステロンの生成を予防することで、皮脂分泌を抑え、脂性肌を予防・改善へと促します。

脂性肌の予防策

ノコギリヤシを摂って皮脂分泌を抑えるだけでなく、普段から皮脂分泌を促さないような対策も必要です。
そこで今回は脂性肌の予防策をご紹介します。

洗顔は1日2回まで

詳しくみる

顔のテカリやべたつきが気になると、1日に何度も顔を洗いたくなりますよね。
しかし、テカリやべたつきの原因でもある皮脂は、本来、雑菌や汚れなどの外部刺激から皮膚を守り水分の蒸発を防ぐという重要な役割を持っています。
皮膚にとって皮脂は必要な存在ですので、取り除いても作られ続けます。
ですから、テカリやべたつきが気になって何度も顔を洗うと、皮脂腺は失われた皮脂膜を生成するために、かえって皮脂分泌を活発にします。
皮脂分泌を過剰にしないためにも、洗顔は朝と夜の1日2回までにしましょう。

食生活を整える

詳しくみる

偏った食習慣は過剰な皮脂分泌をもたらします。
糖質や脂質の多いものは皮脂の栄養となりますので、食べすぎると皮脂分泌も促してしまいます。
また、糖質や脂質を過剰に摂取すると肌の新陳代謝を促すビタミンB群が大量に消費され、肌のターンオーバーが乱れやすくなります。
顔のテカリやべたつきが気になる方は糖質や脂質の摂り過ぎを控えて、ビタミンやミネラルを積極的に摂りましょう。

十分な睡眠をとる

詳しくみる

不規則な睡眠習慣は肌のターンオーバーを乱すだけでなく、ホルモンバランスも崩します。
女性の場合、ホルモンバランスが崩れると女性ホルモンの分泌が低下して、相対的に男性ホルモンの分泌が活発になります。
男性ホルモンの分泌が活発になると皮脂分泌が過剰になりますので、肌を整えるためには質の良い十分な睡眠をとるように心がけましょう

ノコギリヤシで健やかな肌へ

ノコギリヤシに含まれるβ-シトステロールは、男性ホルモンの分泌を抑えるだけでなく、 コレステロールの吸収を抑えて血液をサラサラにする働きもあります。
血液がサラサラになると、肌の新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーも正常化しやすくなります。
また、β-シトステロールは女性ホルモンと似た働きを持っていますので、乱れた女性ホルモンのバランスを整えるように導くことで、肌トラブルを予防します。
体質だと諦めずに、ノコギリヤシを摂って体の内側から顔のテカリやべたつきを改善しましょう。

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。