メインイメージ

ノコギリヤシの摂取でやる気+行動力を増進!

テストステロンと活力の関係

詳しくみる

男性ホルモンのテストステロンには、骨や筋肉の発達を促したり、脂肪の増加を防いだり、性欲を高めたり、動脈硬化を防いだり、内臓機能を維持したりと男性の健康を保つために大切な働きをいくつも担っています。

そして、テストステロンは「やる気」や「行動力」を生み出す活力にも関係しています。
というのも、テストステロンは、イライラや興奮、不安などを落ち着かせたり、心身を安定させて幸福感をもたらしたり、わくわくドキドキしたりといった、やる気や行動力の原動力となる神経伝達物質「ドーパミン」の産生を促す働きも担っているのです。

ですから、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどによってテストステロンの分泌が低下すると、筋肉量が低下したり、太りやすくなったり、性欲が減少したり、勃起不全となるだけでなく、やる気や行動力が低下したり、集中力や記憶力が低下したりするのです。

ノコギリヤシで活力UP!

やる気や集中力などの活力を維持・向上するためにはテストステロンが欠かせません。
そこで注目されているのが、ノコギリヤシです。

ノコギリヤシに含まれるβ-シトステロールには体内に存在する5aリダクターゼを抑制する働きがあります。
5aリダクターゼは男性ホルモンのテストステロンと結びつくことで、ジヒドロテストステロンという薄毛因子を生成します。
5aリダクターゼによってテストステロンがジヒドロテストステロンに変化してしまうと、テストステロンは低下してしまいます。

ノコギリヤシを摂って5aリダクターゼを抑制することで、ジヒドロテストステロンへの生成を抑制し、テストステロンの減少を阻止します。
これにより、テストステロン値の低下を防ぎ、テストステロンの分泌をサポートすることでやる気や集中力の低下を予防・増進へと促します。

ドーパミンを増やすコツ

やる気や集中力を高めたい方はノコギリヤシを摂ってテストステロンの分泌を促すだけでなく、直接的にドーパミンの分泌を促す習慣を取り入れることも大切です。
そこで、今日からできるドーパミンを増やすコツをご紹介します。

(1)チロシンが豊富なものを摂る

アミノ酸の一種であるチロシンはドーパミンの材料となりますので、チロシンが豊富なものを積極的に摂ることでドーパミンの生成が促されます。
具体的には、りんご、アボカド、バナナ、チョコレート、コー??ヒー、緑茶などにチロシンが含まれていますので、活力を高めたい方は習慣的に摂ることをおすすめします。

(2)趣味の時間を確保する

自分の好きなことや趣味などに夢中になっている時間はドーパミンが分泌されやすいので、自分が夢中になれる時間を確保することも大切です。
ちなみに、心身のストレスはドーパミンの活動を低下させるストレスホルモン「コルチゾール」を分泌させますので、ストレスを蓄積させないことも重要です。

(3)質の良い睡眠をとる

ドーパミンは睡眠中に積極的に作られますので、睡眠の質が悪かったり、睡眠時間が少なかったりすると体内のドーパミンも上手く作られません。
また、質の悪い睡眠が長期間続くと、体内のドーパミンがどんどん減少して、やる気や集中力が低下するだけでなく、イライラや不安感、倦怠感、うつ症状などを引き起こす恐れがあります。
夜更かしや睡眠不足には十分注意をして、日頃から質の良い睡眠を確保しましょう。

ノコギリヤシを摂って活力のある生活を!

ノコギリヤシにはドーパミンの産生を促すテストステロンの分泌をサポートする働きがありますので、やる気や行動力が低下している方の強い味方となるでしょう。
ノコギリヤシ+生活の中にドーパミンの生成を促す習慣を取り入れることで、より高い効果実感が期待できます。
年齢を重ねてもノコギリヤシを摂って活力のある生活を維持しましょう。

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。