血圧低下

ノコギリヤシで男性ホルモンを正常に

ヤシ科のハーブの一種であるノコギリヤシは、昔から男性の泌尿器の問題を解消する植物として知られています。
しかし男性ホルモンを調整する効果もあり、男性の更年期障害や、抜け毛や脱毛の予防や症状の軽減する効果について注目されています。

男性の場合、加齢によって尿道の周囲にある前立腺が肥大してしまう前立腺肥大症が発症することがあります。
そうなると何度もトイレに行く頻尿になるなど泌尿器のトラブルが起こります。
ノコギリヤシは前立腺肥大症の原因となるジヒドロテストステロンという物質を抑制する働きがあり、そのため前立腺肥大症の症状の軽減や予防をすることができるのです。
さらにノコギリヤシは尿道括約筋を強くする効果もあります。

そんなノコギリヤシは男性ホルモンの異常を改善する効果もあります。
更年期障害というと女性が加齢によっておこるものというイメージがありますが、最近は20代でも更年期障害になってしまう人が多くなっており、男性も更年期障害になる人が多くなっています。
更年期障害は女性だけのものでも、加齢によっておこるものでもなくなっているのです。

そんな更年期障害は、男性の場合、男性ホルモンの減少によって引き起こされます。
また男性ホルモンの減少は心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなります。
女性と異なり、男性の更年期障害は予兆となる身体的なトラブルがないため、更年期障害の始まりが気づきにくいといった特徴があります。
そのため更年期障害の症状を自覚する前に日頃から男性ホルモンの分泌状態を整えておきたいものです。
それには、日ごろからノコギリヤシを摂取しておくことが大事です。

ノコギリヤシは即効性のある成分ではないため、毎日継続して摂取することが大事です。
またノコギリヤシが天然の成分で副作用がないといっても、過剰摂取してしまうとめまいなどを引き起こしてしまうことがあります。
1日の摂取量320mgを目安にして正しく摂取するようにしましょう。