メインイメージ

普段からヘアケアのために出来る事

ノコギリヤシでヘアケア

髪の毛には、古い髪の毛が抜けて新しい髪の毛に生え変わるヘアサイクルが存在します。
ヘアサイクルが乱れると髪の毛が細くなったり、抜けやすくなったりします。
健やかな髪の毛を維持するためには、ヘアサイクルを正常に整えることが大切です。
ノコギリヤシには健やかな髪の毛を維持するために重要なヘアサイクルを整える働きがあります。
では、ノコギリヤシはどのようにしてヘアサイクルを整えるのでしょうか?

ジヒドロテストステロンの生成を抑制

詳しくみる

ヘアサイクルが乱れる一因は、「ジヒドロテストステロン」にあります。
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンと体内に存在する5aリダクターゼという酵素が結合することによって生成される男性ホルモンです。
ジヒドロテストステロンは髪の毛の成長を滞らせてヘアサイクルを乱し、薄毛や抜け毛を引き起こします。

ノコギリヤシに含まれるβシトステロールには、5aリダクターゼを抑制する働きがあります。
5aリダクターゼを抑制することで、テストステロンとの結合を阻止し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。
これにより、ヘアサイクルの乱れを予防・改善へと促します。

血液循環を促進

詳しくみる

ヘアサイクルを正常に維持するためには、ヘアサイクルを促す栄養や酸素が必要です。
頭皮に栄養や酸素を届けるのは血液ですので、血液循環が悪くなると、頭皮に栄養が上手く届けられなくなり、ヘアサイクルが滞ります。

ノコギリヤシには、体内のコレステロール値を下げるオクタコサノールや、増えると血液をドロドロにする悪玉コレステロールの減少をサポートするβ-シトステロール、血液を詰まらせる過酸化脂質の生成を抑えるオレイン酸が含まれています。
ノコギリヤシで血液をサラサラにすることで血液循環を促進します。
これにより、頭皮に栄養や酸素がしっかりと届くことで、正常なヘアサイクルを促します。

普段から出来るヘアケアのポイント

ノコギリヤシを摂ってヘアサイクルを整えるとともに、普段から頭皮環境を整えるヘアケアを習慣にすることも大切です。
そこで今回は普段から出来るヘアケアのポイントをご紹介します。

自分の頭皮に合うシャンプーを選ぶ

詳しくみる

シャンプーには大きく分けて「石けん系シャンプー」、「高級アルコール系シャンプー」、「アミノ酸系シャンプー」の3種類あります。
頭皮に一番優しいシャンプーは洗浄力の弱いアミノ酸系シャンプーです。
しかし、脂性肌の方がアミノ酸系シャンプーを使用すると皮脂が上手く取り切れず、毛穴の詰まりを引き起こして、かえって頭皮環境を悪くする恐れがあります。
また、乾燥肌の方が洗浄力の強い石けん系シャンプーを使用すると皮脂を摂り過ぎて余計に乾燥を悪化させる恐れがあります。
シャンプーは頭皮に優しい成分を選ぶことも重要ですが、自分の頭皮に合うものを選ぶことも大切です。

洗髪は夜に行う

詳しくみる

みなさんはいつ洗髪を行っていますか?
ヘアサイクルを整えるためには、「夜」の洗髪がおすすめです。
というのも、髪の毛の成長が最も活発な時間は成長ホルモンの分泌が活発な22時~2時の間といわれています。
眠る前にしっかりと頭皮をキレイにしておかないと、毛根内で細胞分裂が活発に行われず、髪の毛の成長が滞ります。
1日の汚れは翌日に持ち越さないようにしましょう。

正しい洗髪をする

詳しくみる

洗髪とは文字通り髪の毛を洗うことですが、正しい洗髪は「頭皮」を洗うことです。
髪の毛1本1本についている汚れはお湯で洗い流すだけでも十分とれます。
しかし、頭皮の毛穴汚れはお湯で洗い流すだけでは不十分です。
頭皮環境を整える正しい洗髪を行うことがヘアサイクルを整えるためにも重要です。
以下、正しい洗髪方法です。

【正しい洗髪の仕方】
1.洗髪前に髪の毛をよくブラッシングして汚れを落とす
2.お湯で頭皮、髪の毛全体を揉むようによく洗う
3.シャンプーを手に取りしっかりと泡立てる
4.泡立てたシャンプーを頭皮に乗せて指の腹でマッサージするように洗う
5.洗い残しがないようにしっかりと洗い流す

髪の毛はしっかりと乾かす

詳しくみる

ドライヤーの熱は髪の毛が痛む原因になります。
そのため、髪の毛の痛みを回避するために、ドライヤーを使用せず、自然乾燥をする方がいます。
しかし、ドライヤーを使用せず、頭皮や髪の毛が濡れた状態のまま放置すると雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮に炎症が起こったり、かゆみやふけを引き起こす恐れがあります。
頭皮環境を整えるためには、濡れた頭皮や髪の毛はドライヤーでしっかりと乾かすことが大切です。
ドライヤーの中には髪の毛へのダメージを軽減させる低温のものや、イオンを発生するものなどもありますので、ヘアダメージが気になる方は髪の毛に優しいドライヤーを選びましょう。

動物性食品を控える

詳しくみる

動物性の食品には脂質が多く含まれています。
動物性の脂質ばかりを摂っていると、皮脂分泌が過剰になり、頭皮がべたついたり、雑菌が繁殖しやすくなったりします。
頭皮環境を整えるためには、動物性食品を控えるとともに、皮脂分泌を整えるビタミン、ミネラルを積極的に摂るようにしましょう。

ヘアトラブルを予防・改善へ

ノコギリヤシを摂ってヘアサイクルの乱れを予防・改善するだけでなく、日頃から頭皮環境を整えるヘアケアを行うことも大切です。
ノコギリヤシと正しいヘアケアで薄毛や抜け毛などのヘアトラブルを予防しましょう。

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。