メインイメージ

ノコギリヤシで精力減退を改善へ!

精力減退を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)

ジヒドロテストステロン(DHT)とは

ジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンのテストステロンと体内に存在する5αリダクターゼという酵素によって生成される男性ホルモンの一種です。

主に、母親の胎内にいる胎児の男性器を発達させるために必要なホルモンですので、ジヒドロテストステロンが不足すると男性器が上手く発達できなくなります。
しかし、その一方で皮脂分泌を活発にしてニキビや肌荒れを引き起こしたり、AGA(男性型脱毛症)を悪化させたりします。
そして、ジヒドロテストステロンは精力減退をも引き起こしてしまうのです。

ノコギリヤシが精力減退の予防・改善に効果的な理由

DHTの生成を抑制する

ノコギリヤシの有効成分である「β-シトステロール」には、体内に存在する5αリダクターゼを抑制する働きがあります。
5αリダクターゼを抑制することでテストステロンとの結合を阻止し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します 精力減退を引き起こすジヒドロテストステロンの生成を抑制することで、精力減退を予防・改善へと促します。

前立腺肥大症を抑制する

また、ノコギリヤシは前立腺肥大症の抑制にも効果的です。
男性は加齢に伴って膀胱の下にある前立腺が肥大化していきます。
前立腺肥大症の原因は未だに解明されていませんが、男性ホルモンが影響していると考えられています。
前立腺が肥大すると、尿道や膀胱が圧迫されて排尿障害が起きやすくなります。それだけでなく、前立腺は精液の生産・貯蔵に関わる器官ですので、精力や性欲の減退を誘発させる恐れもあります。

前立腺肥大症の治療薬には、前立腺肥大に影響しているジヒドロテルトステロンの生成を抑制する「5α還元酵素阻害薬」や、男性ホルモンの分泌を抑える「抗男性ホルモン薬」が用いられています。
つまり、現段階では男性ホルモンの働きを抑えることが有効だと考えられているのです。
ノコギリヤシに含まれるβ-シトステロールは5αリダクターゼを抑制することで、男性ホルモンのジヒドロテストステロンの生成を抑制します。
前立腺肥大症を抑制することでも、精力や性欲の減退を予防します。

精力減退を防止する習慣

精力減退を防止するためには、生活習慣を見直すことも大切です。
以下、精力減退を防止する4つの習慣をご紹介します。

(1)適度な運動

運動は精力減退の予防に非常に効果的です。
とくに、筋力トレーニングは男性ホルモンのテストステロンの分泌量を高める働きがあります。下半身を強化することで下半身へ流れる血流がUPしますので、下半身を鍛えると良いでしょう。

(2)精力を高める栄養を摂る

栄養バランスの良い食事は基本ですが、加えて、亜鉛、鉄分、アルギニン、ビタミンEなど血行を促進したり、精子の形成をサポートしたりする栄養を摂ることで、精力向上を促します。

(3)飲酒・喫煙を控える

タバコは性欲を減退させるニコチンが含まれていますし、血管を収縮して血流を悪くします。
血行が悪くなると男性器に十分な酸素や栄養が届かず、精力減退を引き起こします。
また、アルコールは全身の動きをコントロールする神経を麻痺させますので、勃起不全などを引き起こすリスクを高めます。
飲酒・喫煙を控えることで性欲減退を予防しましょう。

(4)肥満を予防

精力を高めるテストステロンの分泌量は、筋肉量に比例しています。
脂肪が増えて筋肉量が減少するとテストステロンの分泌量が低下して、精力も減退しやすくなります。
精力減退を防ぐためには肥満を予防・解消することが大切です。

ノコギリヤシを摂って精力を維持しよう!

精力の減退は、性欲減退や勃起不全を引き起こす要因にもなります。
反対に、精力減退を予防し、精力を高めることで、性欲や勃起力を高めることに繋がります。
いつまでも男性機能を正常に維持するためにも、ノコギリヤシで精力減退を予防しましょう。

あなたにおすすめのコラム一覧

私はこれで抜け毛・薄毛の悩みを解決しました!

GUNGUNの公式サイト

育毛ならGUNGUNがおすすめです。ノコギリヤシ以外にもカプサイシンや菊芋などの育毛サポート成分で抜け毛を根本からケアしてくれます。 私も実際に試している間「着実に頭皮の状態が変わっていく感じ」を体験しました。 価格帯がお手頃で続けやすいのもポイント!見た目もシンプルで育毛サプリらしからぬオシャレな雰囲気です。